カテゴリ

カテゴリ:子育て7歳

カテゴリ:
昨日の夜、夫が言いました。

「明日朝、私は早くに家を出るので…。雅代さん、子供を小学校に送る役目をお願いできますか?」 

夫は、ほぼ毎朝
「子供を起こし、ハッパを掛けて準備をさせ、小学校への道を途中まで一緒に歩く」
という役割を受け持ってくれているのです。

その重責が、今、私に…!?
最近の私の起床時間って10時過ぎ、昨日に至っては11時半だったんですけど。
(※数週間おきに「不眠期」と対になって現れる「過眠期」なのです)

というわけで、わたくしは、責任感におののき、「起きられなかったらどうしよう」という緊張のあまり睡眠薬も頓服も全く効かず、一睡もせずに朝を迎えてしまいました…。 長い一日になりそうですなぁ。

これくらいのことで、と思われるかもしれませんが、よくあることなのですよ。 
トホホホホー

カテゴリ:
主治医に、”子供との関係をより良くするためのセラピー” を受けることを勧められたのですが、まだ臨床心理センターに電話できずにおります。
それについて先日主治医から質問を受けたので

「第一に電話を掛けるのが難関です」(←電話恐い)
「そして、電車で1時間以上かかるところに子連れで行くのが更に難易度高いです」(←電車バス人混み恐い)

 と答えたところ

「そうよねえ」

と瞬時に納得されました。最初から分かってるんじゃん…先生… 


以前 主治医にも話して同意を得たことなのですが
私の子育ては二つの問題を抱えていると思うのです。

ひとつは、中程度以上〜と診断されているPTSD患者が子供を育てるということ
もうひとつは、精神病患者(双極性障害・解離性障害)が子供を育てるということ。 

どちらも精神の問題ですが、
この二つは分けて考える必要があると思うのです。分けて考え、そして対処する必要があると。

書いてるだけで腹が痛くなってきたので詳しくは後日また触れます。


私は家族を愛しているし、子供を傷つけないために、とても気を付けているつもりです。
それでもやはり、病状が悪化して人格にブレが生じたときには(これを夫は『ブラック雅代さん』と呼んでいる) 、家族にとって よくない行動を取ってしまうようです。
そして病状が改善する頃には それを部分的あるいは完全に忘れてしまいます。 

でも子供を叩いたりはしないし(むしろ出来ない)
何か「よくないこと」をしてしまったようだな、と気付いたときには、記憶にある範囲でそれを言語化し、謝るよう心がけています……
そんなこんなで子供はすくすく育ち、笑顔の素敵な7歳児になってくれたので、
まあ今のところ、とりかえしのつかない失敗はしていないと思うのですが
やはり夫のサポートなしでは成り立たなかったと思います。 

子育て苦しいよ。
でも最後に、このやりとりを。

私:「私は悪いお母さんですか?」
主治医:「そういうことを考えられるっていう時点で大丈夫よ」

スマートフォンからボンジュール

カテゴリ:
タイトルのテンションが既におかしいですが気にせず書いてゆきましょう。初めてスマホから更新してます。
布団に寝たままブログ更新!!
なんという文明の発展でしょうか。

今日は休日(=子供を接待する日)だったので、動物園に行ってきました。

このクソ寒いのにカモやアヒルが機嫌良く水に浸かってガアガア喚いていて笑えました。
「鳥の美点というのはその馬鹿馬鹿しさにあるね」
などと感想を述べながら、本日の目当てであるところの『モルモットふれあいコーナー』へ。

image

モフモフを堪能する七歳児

うちで飼ってるウサギとはこんなふうに触れ合えないので(抱っこ嫌い)、外に温もりを求めているんですね〜。

それにしても寒かった。
寒風に吹かれて疲れたのでもう私は寝ますよ。
(今月頭に二週間ほど寝込んでいたので体力落ちてる)

おやすみなさい。

カテゴリ:
「米俵君〜ママと結婚して〜」
「ママ米俵君のお嫁さんになるよ〜」
と話し掛けていたら夫に笑われた。

----2005年9月16日の「日々雑感:子育て3ヶ月」より-----

自分が昔に書いたこの文章を読んでクスっと笑ってしまった。
いまや全く逆だから。

現時点での私は、「息子を持つ母親」 という種族の中ではかなりドライなほうだと思います。
かたや7歳になった息子は

ONE PIECEの映画に出てきた "触れた相手を12歳若返らせる"  技を見て、

「ママを0歳にして今から育てたら僕と結婚できるよね」
「パパは0歳以下にしたら消えるよね」

とか真面目に言ってるからね。
困っちゃうよねHAHA!
はやく素敵な彼女を見つけて巣立っておくれ〜

子育てに関しては、今年は
子供との関係性をより良くするためのセラピー(多分PCIT)を受ける予定なので
追い追いその様子をご報告できると思います。

ほいではまた。

みなとみらい行ってきました

カテゴリ:
今日は、家族で横浜のみなとみらい地区へ行ってきました。

臨港パークで海を眺めているだけでも
水面に魚の影や、クラゲの大群が浮かび上がってきたりして、面白かったです。

でも、やっぱり子供のためには遊園地へ行かなくちゃ! 
ということで
【Cosmo World!】  へ。 
私が遊んでた15年前とは大きく様変わりし、施設が立派になっていたので驚きました。 
一見、人で溢れかえっているように見えましたが、回転率がいいのか、あまり並ばずに済みました。(最長で15分程度)
難点としては、入場料が無いぶん、ひとつひとつの乗り物の値段が高いことでしょうか…。

下は、観覧車の中で撮った写真。
 子供が死んだようになっているのは、カメラが嫌いだからです。
みなとみらい観覧車

昔はよくパンパシフィックに泊まって遊んでたよな〜。
(写真集の撮影にも、パンパシフィックのスイートルームを使いました。あとは赤レンガ倉庫も…)

こうやって子供と一緒に来るっていうのも、悪くないもんですね。
次は是非、中華街方面にも足を伸ばしたいものです。

このページのトップヘ

見出し画像
×