雅代の忘備録

カテゴリ: 子育て6歳

夜驚症っつーの?

うちの子供(6)なんですが、
毎晩、寝ているときに3回から4回くらい、すごい声で叫ぶんですよ。

「ぎゃ〜〜〜!」
「いや〜〜〜〜!」
「やめて〜〜〜〜!」

など、バリエーションは多くなくて、大抵「怒り」系。

そのたびに、すぐ脇で寝ている私か夫、もしくは両方が起きて様子を確かめるのですが、
しばらく叫んだらすぐ静かになるし、そもそも寝ながら叫んでるのな。

6歳になり、日中に感情を爆発させて暴れたりグズったりすることが少なくなってきた分
心の中に色々ためこんでいるのでしょうか。

かわいそうにな〜とと思うと同時に
うるさくて寝られん。

ちょっとネットで調べたらすぐ情報が出てきたので読んでみたのですが
「神経質な子供に多い。10歳くらいまで続くこともある」
って書いてありました。あと4年……orz

いや、まあ、あと4年ならいいか。いいよ、うん。

そういえば鍼灸院の先生が 
「子供のわき腹をくすぐると効くよ」
って言ってたので、今度ためしてみようかな。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年にオギャーと生まれた我が家の豚児(6)も、今年の4月からピカピカの一年生です。
ハァ〜よっこらせ〜目出度いねェ〜っと。(まだ現実味無い)

2人目は?という質問もタマ〜に受けるのですが
正直、もう産める気しないですわ。

周りを見渡すと、2人目、3人目とボンボン産んでらっしゃるお母さんばっかりなんですけど、
ありゃ勢いが必要よな。
私も子供が生まれた直後とか、1歳になった頃とか、なんかテンションが上がっちゃって
「いっちょもう一人いっときますか〜!?」
みたいな気分になったこともあったのですが、なんだかんだでズルズル引き伸ばしているうちに、はや6年。

何がいけないかって、アータそりゃね、
子供がね、楽になってきたのよ。

「手が掛からなくなってきたから次産もう」
 っていう気分には全くならず、むしろその逆。

「せっかく手が掛からなくかったのだから、もう苦労したくない」

って思っちゃうのよね〜易きに流れるのよねェ〜。

それに、手が掛からなくなってきたっつっても、それなりに面倒みなきゃなんないわけで
特に公文の宿題とか見てやってるときとかに思うんだけど、
これ2人分やるとか無理だって。

というわけで 私は尊敬します!複数の子供を育てているお母さんたちを!

あれ?なんかダメ人間臭漂ってきちゃった?
急いで逃げるぞ!おわり!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

うちの子供が、園で一番なついている先生がいるのです。
若い女の人で、ギャグセンスもあり(ここ重要)、私もとっても大好きな先生。

その先生がご結婚なさったという素敵なニュースが新年早々飛び込んできて
私も大喜び。や〜〜めでたい!と盛り上がって、連絡帳にこんなイラスト描いちゃいました。
阿部先生お祝い

よろこんでくれるといいな。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日も夫はお仕事。

ということで今日は、子供と私で夫の実家に遊びに行って、
超お料理上手のおかあさまに昼御飯と晩御飯を作って頂きました。
(いつも有難うございます!!!)

昨日の夜は皆既月食でしたね。
9時半すぎころから、欠けはじめた月を見つめて家族で大騒ぎしていました。
途中で子供は寝てしまいましたが、私と夫は11時半まで、赤く染まった月を見届けました。

次は10年くらい後になるんですよね……
その頃、私は45歳で子供は16歳か〜……
どんな毎日を過ごしていることやら。

でもまあ、10年なんてあっという間ですよね。
きっと楽しい日々でしょう!!ふははははは。

ということで、
10年以上前に描いた猫絵を貼って、今日はおしまい。
j10
    このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が生まれて最初の一週間は地獄だった

いや、最初の1ヶ月と言おうか。
半年と言おうか。
3年と言おうか。

とにかく

ビフォアー・チャイルド(BC)
アフター・チャイルド(AC)

と言ってよいほど生活が激変。
正直、1ヶ月目でノイローゼ気味になり
ちょっと後悔したことすらある

(以上前振り)

さてここからが本題です。

昨日は、年長さんだけを対象に行われる保育園の一大行事

「おとまり保育」

でした!!
その名の通り、子供が保育園に泊まるというグレートなイベントなんだぜ!

6年ぶりに夫と二人の夜!!オロローン(血の涙)
次の日の朝のおむかえが「8時」と早いので、外泊こそはできないものの
二人っきりで外食!!
その後ちょっとムーディーな夜のデート!!!

テカー!!(額から発光)

有り難う保育園
私は6年間この日を待ち続けて居たよ……

(注)勿論子供のことは大好きです

計画としては
・神楽坂の隠れ家料亭の個室で、美味しい和食をいただく
・そのあと新宿パークハイアットの ”ニューヨーク・バー” でカクテルなどをかたむけつつ大人の夜を過ごす

この2つ。
ニューヨーク・バーは、まだ子供が生まれる前にクリスマスを過ごした思い出の場所なのです。
(でも、予定よりちょっと色々寄り道してしまった結果、ニューヨーク・バーには行かずに帰ってきました。それは少し残念だったけど、結果オーライ)

新婚8年目、
これからも絆を強固に築き上げてゆこう、
子供をしっかり育て、前を向いて生きてゆこう!


と再び心に誓いあう良い機会になったと思います。

息子は今朝8時に、”お泊まり保育”イベントから元気に帰ってきました。
「やっぱりママがいた方がいい〜」
と愚痴ってはいたものの、花火や流しそうめんなど、仲間と共に6歳の夏の一夜を存分に楽しんだようです。

子供が居ない夜なんて、次はいつになることやら……。
マジ保育園グッジョブ!

110716

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ