カテゴリ

カテゴリ:子育て1歳10ヶ月

カテゴリ:



天気も良くて、夏みたいな一日。動物園日和じゃないか!

米俵氏のお気に入りは象でもキリンでもなく
コアラとトラでした。

でも家に帰って風呂に入りながらの問答は以下の通り

私「今日動物園に何が居た?」
米:「ぞ〜さん」
私:「他には?」
米:「……とと(魚)」
私:「ととは居なかったと思うけど……。コアラとかさ」
米:「(目を輝かせて)こあら!こあら!」
私:「トラは?」
米:「コワイ」
私:「えー、でも、トラ何度も見て気に入ってたじゃん」
米:「コワイ」

よくわからんよ1歳児。

それにしてもパワフルでした。
制御不能です。たとえば、階段があれば見境なく全て昇り、下ろうとします。制御しようとするとエビゾリになって泣き喚きます。他、書ききれないので書きません。
親っつーのは本当に体力と精神力が試されますな。

いやしかし楽しかった!

カテゴリ:
以前の園では、2人の担当保育士が
交互に連絡ノートの「園の生活」欄を書いてくれていた。

先生のうちの1人は、若く、あまり覇気の無いタイプで
(仕事はちゃんとやってくれてると思うけど……)
ノートに書いてくれる内容も、毎回似たようなことばかりで
正直あまり参考にならなかった。

現在の園では、園児が多いこともあって、担当は3人。
そのうちの2人が主にノートを書いてくれている。
新任ということもあってか、日々の子どもの様子が目に浮かぶような書き込みが多く、毎日読むのが楽しみで仕方ない。

微妙な変化にも気付いて書いてくれる=子どもを良く観察してくれている=愛情を持って保育してくれている

てな感じで安心もするし、保護者としては嬉しいね。

私もヤル気がでて、毎日一生懸命「家庭での生活」欄を埋めている。
これで先生と情報のキャッチボールが出来るなら理想的。
今のところ、「家庭」欄に書いたことに関する返事が「園」欄に書いてあったりするので、上々ですな。
(以前の若い先生は、「家庭」欄に書いてることは完全スルーだったことも多かったので)

ちなみに、今日の「園」欄によると
米俵氏は
「友達と会話を楽しむ姿が多く見られます」
ということらしい。

あのポワポワの1歳児同士で何を喋ってるんだか……
想像すると微妙に笑える。

カテゴリ:
先週なかば、保育園の帰りのこと。

米俵氏はベビーカーから身を乗り出して

「ママ抱っこ!
 ママ抱っこいーい!」

と要求。
適当にいなして、そのまま歩いていると、突然

「ママ抱っこいいのーーーー!」

と甘えた声で叫びよった。
こ、断れん……

つうか完全に文章だなあ。今までも、助詞の使用は一応あったのだが(「ママプー」etc...)、こうやって自分で考えて使いこなしている感じはしなかった。

家に帰ってからも、夫の抱っこを嫌がって

「ママ……
 ママ……
 ママ抱っこいいのーーー!!」

と言いつつニヤリ。
助詞が使えるようになって本人も嬉しい様子。
よしよし、この調子でどんどん行け。

カテゴリ:
夫が突然DVDレコーダーを再生モードに。

画面に映ったのはオードリーヘプバーンの映画
「おしゃれ泥棒」

面白いじゃないか!
つい惹き込まれて、見てしまった。
(でも寝る時間が迫っていたので途中で止めたけど……もっと見たかったヨ〜)

夫いわく
「きっと君が気に入ると思って撮ってあったのじゃ」

さすがです。愛ですね。

しかしあれだ
主人公が惚れる泥棒役の男優が
大岡越前 (加藤剛の) にしか見えません。

「ハンサムな泥棒」
というセリフが出るたびに
彼の鼻の下を凝視してしまいます。

カテゴリ:



今日も公園に行って目一杯遊びました。
疲れたビ〜〜〜
どんぐりを拾いながら「どんぐりころころ♪」と素直に歌う米俵氏がプリティーでした。

川に誘い入れることにも成功したので良かった。
今年の夏は川遊びしまくりだぜ。

動画は、情熱を込めて得意のハーモニカを吹く米俵氏。
作曲したらしいです。題名は「波」だそうで……

>
(動画元ファイル:MOVファイル14メガ)
http://www2.tky.3web.ne.jp/~masapon/sakkyoku.mov

このページのトップヘ

見出し画像
×