カテゴリ

カテゴリ:子育て1歳9ヶ月

カテゴリ:
マンションのエントランスに異臭が立ち込めていた。
どこぞの家でリフォーム工事やってるらしいから、そのせいだろう。

「くさいね〜」
と米俵氏に向かって言うと、なんと彼はこう言った。

「ママのプゥ〜〜〜」

しかも何度も繰返し言う。
違うよ!ひどいよ!ママおならしてないよ!
と1歳児相手に動揺しまくる私、30歳の春。

てかママのプーは虹色で薔薇の香りだろ。
すんませんこんな話題ばっかりで。


昨日の花見は、急な誘いだったにも関わらず
参加してくださった方が3名もいらっしゃり(大人2名1歳児1名)とても嬉しゅう御座いました。

小金井公園には桜吹雪が舞い散り、
ピィヒャラトトンと祭囃子。おどるヒョットコ。
そんな中、完全にゆるゆる脳みそ停止状態で、何のおもてなしも致しませんで申し訳御座いませんでしたが、まあ花見だし、いいよね。
また機会があれば集まりましょう。

カテゴリ:
小学校でミシンを使うと、数分で必ず糸が絡まって動かなくなっていました。動いたとしても直線縫い出来ません。(曲がる)

もはや諦めて
中学の家庭科の夏季作品としては
色糸で縦横無尽に縫ったゾーキンを提出しました。
みんなスカートとか作ってるのに……
隅っこに
「ゾーキンは芸術である。アート金蔵」
とマジックで書いておきました。
一ヵ月後、何故か校内の作品展に展示されてました。

高校の家庭科の夏季作品としては
叔母が10年くらい前に作ったという浴衣を提出しました。
色あせていて嘘ばればれでしたがお構いなしです。

さてこんな前置きをした上で何を言いたいかというと
今私はピンチなのです。

子供が認可園に移るにあたって、結構な数の手縫い品が必要となるのですが、当然のように全く手付かず。
布団シーツ、毛布シーツ、上履き入れ……
既製品とサイズが違うので買えません。
あと数日しかないのに、どうしましょう。

どっかオーダーメイドで入園グッズ作ってくれるサイト検索するっきゃないんじゃないのか!?

ちなみにうちの母も、手作り品提出が求められる場面(私の学校でのバザーなど)では
奮闘→失敗→諦め→既製品購入
という道を辿っていました。
もしかしてミシンの呪いが三代祟っているのだろうか。

カテゴリ:
先日、お風呂上りに
まず米俵氏をササっと拭いて、脱衣所に立たせたまま
私は急いでリビングへ彼の服を取りに行ったのです。

戻ると、米俵氏は足拭きマットに向かって
チーーーと小水を放っていました。わあ!

次の日の風呂上り
同じように彼を脱衣所に立たせて、また私はリビングへ。

戻ると、米俵氏は脱衣所の隅っこに避難して
一点を凝視していました。
視線を追うと、そこには、新鮮な茶色い固形物が。わああああ!

「こ、米にゅん」
慄きながら私が声を掛けると、米俵氏は私のほうを向き
"それ”を指差して一言

「ママの」

!!!
お前のだっっ!!!!!!

カテゴリ:
仕事辞めたい気分がズンズンと盛り上がり中なのです。
米俵氏とずっと一緒にいてあげたい。

私と一緒だと、とてつもなく幸せそうな米俵氏。

しかし私は知っているのだ、朝から晩まで彼の要求に付き合っていると、あっというまに心身ともに消耗し尽くしてしまうということを。

しかも彼は私と二人でいると、どんどん増長して我侭になる。
正直、恐い。

子育てに専念してる生活より、仕事もしてる生活のほうがずっと楽。ずっとずっと楽。だって通勤の電車に乗ってる間は本が読めるし、ボーっとすることも出来るもの。職場でも、休憩時間には遠慮なくトイレに行けるし、お茶も飲める。

でも私はもう一つ知っているのだ、米俵氏とがっぷり4つに組んで過ごす日々は、比類なく素晴らしいものだということも。
力強い「生命」を感じながら過ごす日々。本当にね、どんな娯楽もジュエリー色あせて見えるくらいだよ。

(って書くと楽するために仕事してるみたいだけど、そういうわけじゃないよ勿論。自分の遣り甲斐や収入がメイン目的なんだけどさ)

こういう風に思ってるお母さんって割と多いんじゃない?

カテゴリ:
水曜日、レンタカーを借りて自分で運転しました。
先週免許証をとって、初めての路上デビュー。
助手席に乗ってくれる人が見つからなかったので独りでgo。

夫や母には心配されましたが、全く問題なかったです。

しかし朝から具合が悪かったのがどんどん悪化し
夜には動けないくらい腹が痛くなりました。
また腸炎ですよ。

何日か前、米俵氏が酷い下痢をしていたのが思い出されます。
うつったな……
布オムツ素手で洗ったのがマズかったな……

病院に行ったら「ノロかも」と言われたが、そりゃ無いと思うよ。ノロはもっと酷い症状だろう。

しかし今日も具合悪。仕事休んだ。
夜になって、帰宅した夫の様子がどうもおかしい。
彼も具合が悪いと。

なんてこったい。

土曜日からは彼をひとり家において
米俵氏と私は沖縄に行くというのに〜(with実家の両親)

心配じゃのう。

このページのトップヘ

見出し画像
×