カテゴリ

カテゴリ:子育て1歳6ヶ月

カテゴリ:

写真はヘソで体温を測る米俵氏。

今迄あまり歌ったり身体でリズムをとったりしなかった米俵氏ですが、最近歌ってます。2小節だけ。
「どーーーたん、どーーーーたん♪」
象さんの歌のようです。

そして昨日、私の膝の上に彼が座っているときに
私が先日「スーパーバレエレッスン」で使われていたジゼルのパドドゥの音楽を口ずさんだら、電流が流れたかのように立ちあがり、両手を色んな高さに挙げてみたり、脚を不自然にバタつかせてみたりして怪しく蠢いているではありませんか。

こっこれは……おどっているのか……

その後リモコンを持って
「バレエレッスン見せろ」
と私のところに来たので、番組を選んでやると
再び私の膝に座って、踊りに見入りながら、ウィスパーヴォイスで
「YEAH、YEAH」
と呟いていました。

気に入ったのか。良いことだ。
いつか一緒に舞台見に行こうね。

カテゴリ:

昨日の夜、NHKでアニメ「幻魔大戦」を放送していました。

懐かしい……懐かしすぎる……
私が6・7歳の頃、父が一本のビデオカセット(もちろんベータ)にアニメ映画を3本録画して、私にくれたのです。
「幻魔大戦」
「バギ」
「ブレーメン4」
そのなかでも特に私のお気に入りだったのが、この「幻魔大戦」。何度も繰り返し見ていました。

というわけで
HDDレコーダーで録画して、今日観るのを楽しみにしていたんだけど
米俵氏がレコーダーの電源を笑顔でOFFにしてしまった為、ちゃんと撮れたのは最後の40分弱。

残念がる私に夫が
「この作品はあまり感心しません」
としきりに言っていたのですが
今、録画できた部分を観てみて、なんとなくその意味がわかったような気がします。

たしかに変な映画です。

しかしまあ、あれだ
小学校一年生くらいの少女が、よくぞこんな映画を繰り返し見ていたものだなあ、と。
わしの人格をはぐくむ環境・教育は、ここらへんから間違っていたのではないかとシミジミ思った年の瀬でした。

カテゴリ:
先ほど米俵氏を保育園に連れて行ったら、ちょうど園長先生が子ども達を集めて、歌を歌ってあげているところでした。

♪助けて助けておじいさん
 猟師の鉄砲が怖いんです
 さぁさぁ早くお入んなさい
 もう大丈夫だよ〜♪

優しいメロディーに乗せて歌われるその歌詞の、またなんと優しいことか。
人生がこのような優しさに満ちたものであり続けるならば、どんなにか良いだろう。

危機がおとずれたとき、すがれば「大丈夫だよ」と背中を撫でてもらえる、そんな場所。渇望してもなかなか得られないものですが……
せめて、米俵氏が大人になるまでは、私がそういう場所でありたいものです。

カテゴリ:

NHK教育で放送中の
スーパーバレエレッスン」。
タイトルの通り、カリスマバレエダンサーであるところのマニュエル・ルグリ氏が、若手ダンサーにバレエの稽古をつけてやるという内容です。

バレエは観るだけで全然踊れない私と夫ですが、そんな我々にとっても、これは非常に面白い番組です。
前回のレッスン演目は「ジゼル」第二幕のパドドゥ。
恋人の裏切りを知り、気が狂って、衆人の前で泣きながら走り回り挙句の果てに死んでしまう乙女ジゼルが、亡霊となった後も恋人を愛し続け悪霊から守るという、非常に男にとって都合の良いお話ですが、バレエの常としてストーリーは突っ込みどころ満載でも音楽と踊りは素晴らしいわけです。
レッスンで使われていたパドドゥは、既に亡霊となっているジゼルと恋人が共に踊る、切なく幻想的な踊り。

米俵氏も私の膝の上に座って観ていたのですが、クルクル回ったりピョンピョン撥ねたりするのが面白いのか、身じろぎもせずに見入っていました。

音楽にあわせて
「米にゅんも踊るかい?ほら」
と彼の足を持ち、
「タララ〜ン、タララ〜ン」
と上下に開いたり左右に広げたりして遊ぶと
「アハアハ」
と笑っていました。

そのうち、バレエやりたい、とか言い出したりして。
あの体型はバレエ向きじゃないと思うけど……

********

本日、年賀状用の家族写真撮りましたよ!!
夫の実家でスナップをばパチリとね!!!
米俵氏には、先日プランタン銀座で奮発しまくって買ったオサレ服を着せました。
やっぱ、いい服着せると可愛くなるね〜。
「フランスの子どもみたい!」
とかアホ丸出しの感想口走っちゃったよ。
普段は無印良品ばっかりだけどさ、ちょっと反省。
でもこれからも・きっと・ずっと無印ベイベです。許せ米俵。

カテゴリ:
今日は久しぶりに米俵氏と休日らしく過ごしてます。
今週は土曜日も仕事だったもんで……

米俵氏が居ない休日(大抵水曜日)は自動車教習所に行って(やばいです、期限内に終わりません!)、あとはバレエのDVDを延々観つつ霧の中を漂うような恍惚の人になっているうちに一日が終わってしまうのですが、米俵氏が居るとそうもいきませんなあ。

朝起きた瞬間からカーンとゴングが鳴り響き、時間が経過するにつれ振り回され搾り取られてムンクの「叫び」の人のようにヒョロヒョロになっていくのが体感できます。

しかし身体に溜まった悪い「気」も全て流れ去ってくれるんだなこれが!!!

妊娠出産は強烈なデトックス(解毒)になるという話を聞いた事がありますが、確かにそうだと思います。私も身体の中の悪いものは全部、赤子と一緒に外に出しちまって、かなり健康になりました。

それに加えて育児もデトックスだと言いたい。
上記の通り、これは精神的なものだけどね。

でもあまりに長期間一緒にいると、ほぼ全ての精神力を吸い取られてしまうことにより、デトックスを体感する間も無く「育児マシーン」に成り果ててしまいがちなのがタマにキズなので御座いました。ちゃんちゃん。

このページのトップヘ

見出し画像
×