カテゴリ

カテゴリ:子育て1歳6ヶ月

負けた……

カテゴリ:

乳母車押す

新年2日目は
相変わらず米俵氏と共に朝早く起きて
絵本を読み歌を歌い
散歩にGO。


1:踏み切り&電車ウオッチ

2:近所の川沿いの散歩道でアンヨ

3:最近ブームの「サイレンカー」を見に消防署へ


話は変わりますが
大晦日のNHK「ゆく年くる年」ご覧になりました?
坊さんが後ろ向きにひっくり返りながら鐘を打つという、捨て身の除夜の鐘。私は一瞬何が起こったか理解できず、3秒ほど経ってから「ぶほっ」と噴き、HDDレコーダーの巻き戻し機能を使って、その瞬間のみを3回再生して味わいました。

そして
一晩明けて、元旦の朝に母のHPを開いてみると……

*************(以下母の日記より転載)************

昨夜暖かいコタツに潜り込んで、テレビ《行く年来る年》の日本各地の除夜の鐘を見ていた。
な〜んて平和なんだろ・・・
やがて出てきたのが京都のお寺。
鐘を突く棒には20本くらいの紐が縛り付けられていて、それを坊さんが協力して引っ張って鳴らすみたいだった。
そうれ〜〜い!! ゴ〜〜ン・・・・・
次の瞬間私は飛び起きて主人と顔を見合わせていましたよ!
「見た?」 「うん。見た」
鳴らす瞬間に、先頭に居た坊主が、棒と平行になって一緒に飛んでいったんです・・・
「鐘の音には坊主の頭がブチ当たった音も混ざっているのとちがう?」
「あるいは坊主の後頭部が地面に擦れて、ズル剥けになってるかもな・・・」
私たちの心配はどこ吹く風のごとく、次の場面では
さっきの飛んだ坊主は又先頭に立ち、皆でわさわさと揺らしてから、
そうれ〜〜い!! 
ピューーン・・・ ゴ〜〜ン・・・・  やて。
もう笑ったのなんのって!
あの体勢で108個突くのって大変だろうな。
もっともっと見ていたい。
京都の寺ばっかりを写して欲しいよ〜

************(転載終わり)************

あの一瞬をネタにして、ここまで書けるって凄いなあ。
わしゃ彼女には一生勝てんよ。
そして大阪と東京に離れていても、同じ場面(しかも本来そこは笑うべき場所じゃ無い)で笑っていたという親子の不思議。笑いのセンスがかぶってるって素晴らしい。

カテゴリ:

本日、米俵氏と昼寝していたら
「ちょっと小さいJR中央線の上にまたがってトンネルの中を走っていると、線路が途中で無くなっていて電車は激しく蛇行、壁に激突」
というアグレッシブな夢を見ました。
これが今年最初の夢=初夢ということになるのでしょうか……
なんだか波乱に満ちた一年のヨカーン。

その後、夫の実家に行き、ふぐの刺身と生きた車海老を食らいました。(これが毎年正月の楽しみなのです)

夫の兄弟も集結し、賑やかでした。
こういうふうに集える実家っつーのは良いですなあ。

米俵氏は傍若無人に食らい叫び甘えていました。
つまりはいつもの通りということです。
冒頭の写真でも何か食ってる様子ですが、それは実はレンコンです。

皆様はどのようなお正月をお過ごしでしょうか。
(あとで日記読みにいきますけれど)
本年度もどうぞ宜しくお願い致します。
楽しい一年になりますように。

カテゴリ:
うちの息子さんは反抗期ですよ。
ちょっとしたことで泣き叫んで地団駄踏んでます。
まあそれは良いんですが、物(水の入ったコップとか)を薙ぎ払うのは止めて欲しいです。

昨日も今日も、朝っぱらから近所の公園まで散歩して
二人で霜柱を踏んだりして遊んでいました。
めちゃ寒!
でも、その後に駅前のcafeでお茶するのが、恒例のお楽しみなんだよね〜
もういっぱしのお子さんです。
しか〜し まだまだ赤ちゃん呼ばわりしてやるぜ。ふふふ……

この写真は、ワインを飲む、じゃなくて、ワイングラスでお茶を飲む米俵氏。
夫に対し激しい対抗心を燃やしている彼は、夫の使っているグラスや、夫の座っている場所まで奪うのです。
ひどいよ〜

夕方頃からはパリ・オペラ座バレエの
「眠りの森の美女」を鑑賞。
米俵氏と一緒だとあまり(というか殆ど)見られないけれど、第三幕のオーロラ姫のパドドゥを流すと、彼も私の膝に座って、しばらくは神妙に見入っていました。
どうやら大分バレエに興味を持ってきた様子です。
ちなみにこの演目、去年の12月も観てたな〜。
年がら年中観てるという説もあるが。


今年もあっという間に終わってしまいました。
皆様にはあまりお会いできませんでしたが、日記を楽しく読ませて頂いて、笑ったり、しんみりしたり、考えさせられたりしています。
一年間どうも有難う御座いました。
来年も、どうぞ宜しくお願い致します。

カテゴリ:
今日は仕事納め。
だけど保育園は昨日まで。

仕方ないのでシッターさんに来てもらいました。
しかし米俵氏、朝保育園に行かなかったことにより
「今日は一日ママと一緒に過ごせるんだ!」
と思っていた様子で、シッターさんの顔を見た瞬間に硬直。

シッターさん来る→ママ居なくなる
の方程式が既に彼の中には出来上がっているらしく、
「ボク、何も見なかったし誰も来てないよ」
と言わんばかりにシッターさんを無視。

しかし時間が迫っていたので
「米にゅん、いっぱい遊んでもらってね」
と諭そうとするも、崩れ落ちて号泣しはじめたので
もう私ゃ顔も洗わずに髪もボサボサのままで家を出ましたよ。
出かける準備してるとこを見せちゃうと、余計に泣くからね……

米にゅん御免よぅー。
明日から暫くは、ずっと一緒に居られるからね!

カテゴリ:



午前中は、米俵氏が通っている保育園の「クリスマス会」に参加しました。
在園生のお父さんが3人、サンタクロースに扮して子ども達にプレゼントを渡していったのですが、大抵の子は恐怖に震えてギャン泣き。
米俵氏も、泣きはしなかったものの、私の膝の上で後ずさりし、プレゼントを受け取ろうともせず首を横に振って「いらない」のサイン。

サンタさんたち可哀想でした(笑)
先生と保護者たちは、そんな子どもたちの様子を見てゲラゲラ笑ってた。

まあ平和で楽しいイベントでしたな。
こういうユルい時間が持てる国に暮らしているというのは幸せなことだと思います。

家に帰って米俵氏を寝かしつけて、親も一緒に午睡タイム。
起きてから近所のケーキ屋に予約してあったクリスマスケーキを取りにゆき、夕食を作って食べました。

米俵氏は午前の会でも、夕食でも
信じられないほどの量の白飯を食べていたのですが
それに加えて食後にケーキを与えたら
「こ、こんな美味いもの初めて食っただ!」
という顔をしてバクバクほおばってました。
1歳半にして人生初ケーキですよ。贅沢なやつめ。

その後は、お母さん(わし)から、頑張るお父さんと可愛い坊やにクリスマスのプレゼントです。
米俵氏へのプレゼントは、当然のように電車。そして、乗り物の音が出る絵本。

凄く気に入ってくれたようで、一時間ほど夢中になって遊んでいました。

平和だねー
平和だねー

メリークリスマスなのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×