雅代の忘備録

カテゴリ: 子育て1歳1ヶ月

ちょっと前に暫く続いた朝4時半起床というのは
なんとしても止めて頂きたいところなので
米俵氏の就寝時間を少しずつ遅らせていたのです。
(今までは7時半に寝ていた)

でも、将来的に性衝動を抑える物質や、成長ホルモンは夜9時〜12時の間に一番多く分泌されるらしく、その時間帯には寝ていたほうが良いということなので、夜9時までには寝させたい。

ということで、ギリギリ9時に眠りに落ちるように導く試みを始めて2週間ほどが経ちました。

本日の起床時間は5時50分。

前よりましだけど、やっぱり早いよ。
夜中に起きて泣いたりしても起床時間は変わらず。
本には「赤子の夜間睡眠時間は11時間が基本」って書いてあるのに〜。 orz

アンヨできるようになって毎日が楽しいらしい米俵氏、寝る暇すら惜しいのかしらね。

まあ、小学生くらいになったら
「なにやってるの!早く起きなさい!遅刻よ!!」
とか怒鳴らなきゃ起きなくなるんだろうから、今のうちに早起き&朝の散歩を楽しむべきなのか?

しかし母さん眠気で午前中は使い物になりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

他人の苦労話って、聞くのが好きな人と嫌いな人に分かれると思うんですけれど、私は割と好きなほうです。

日記もね、多くの人は
「楽しい話題を書かなくてはいけない」
って思い込んでるフシがあるようで
大変だったことを書かないようにしていたり、
もしくは、書いていても、なんとなく申し訳無さそうにしていたりしている場合が多いのだけれど
私は、陰と光、両方を読みたい。

育児話も、そう。
これに関してはむしろ苦労を読みたい。
いや、笑えるエピソードや、ほのぼのエピソードも勿論歓迎なんだけど、正直自分が日々苦戦してるのでね〜、他人の苦労話を読んでると、安心するんですわ。

上記だけ読むとちょっと性格悪そう?
いや、性格の問題じゃなくてその理由は下記の通り。

「なんで自分だけこんな目に」
っていう感情は、ものすごい負のエネルギーを呼び覚まし
どんどん悪い方向に向かってゆく気がするのです。
そんなとき
「ああ、自分だけじゃない、皆同じように苦しんで、それでも頑張ってるんだ」
と認識することができると、あら不思議、気分がスーッと楽になって、また頑張れるじゃあーりませんか。

「わあ、このケースに比べれば、うちはまだ序の口だ!文句言ってる場合じゃないな」
と反省することもあるし……

というわけで、最近見つけて読みふけってしまったトピはこれ。
手のかかる子を育てたことのある方、聞かせてください!

    このエントリーをはてなブックマークに追加


米俵氏、私と一緒に居たいらしいのです。

朝から晩まで密着していても、なお
寝る間も惜しいほどに私と過ごしたいらしいのです。

就寝前の一時間、ラストスパートとばかりに激しく遊び続け、眠くてグラグラになっているのに、布団に入れると号泣。
暫く抱きしめていると泣き止むけれど。
先ほども、私の首に両手を巻きつけた姿勢で眠りにつきました。(図参照)

先日熱を出してから、甘えん坊さんに拍車がかかったような気がするにゃ〜。

    このエントリーをはてなブックマークに追加


米俵氏は風呂場でシャワーを手に持って振り回し
「おお、世界よ、見よ!水の神が我に力を与えたもうた!!!」
てな顔つきをしておりました。

また別の日にはエアコンのリモコンを持って電源on-offを繰り返し
「我は風の神の申し子なり!この世の風は我の意のままに!!!」
とでも言いたげな様子でした。

まあ、今のうちに、つかの間の万能感を楽しむが良い。

ついでにヨーグルトの神様も呼んでみるか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加

米俵君は炸裂してます。スパークリング幼児です。

まだ目の下に隈作ってるし、咳も止まらないんだけど
とにかくパワフル。


************

さて、
米俵氏が、はじめて私に苺を食べさせてくれたときには、とても感激したものだ。

その後も色々なものを私に食べさせてくれて嬉しい限りなのだが
一度、自分の口に入れて半分崩れかけた食物を
「食え」
と私の口に向かって差し出すのは止めて頂きたい。
食べるフリをしても誤魔化されず、なおも執拗に勧めてくる。

本日、さすがに参って
「いやぁ、申し訳ないけれど結構です」

と断ると、米俵氏は
「ナ・ナ・ナヌーーー!!!」
とばかりに眉を吊り上げ、グシャアッと食物を握りつぶした。
そのまま片手で揉むようにワッチャワッチャと握り続け、どんどん粉々にしてゆく。

「うわーー」
私が驚いて彼の手を拭こうとすると、

「何をするんでい!!」
と素早く身をかわし

「俺の勧めるものが食えねえってのか!そんなこと言うなら、こうしてやるーーーーーッッ」
と、握った食物を全部 自分の後頭部に塗りつけてしまった。


……母呆然……

もうね、あまりのことに、ゲラゲラ笑ってしまいました。
おもろい生活ですなあ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ