カテゴリ

カテゴリ:子育て1歳1ヶ月

カテゴリ:
今朝嘔吐。

「手足口病のときに嘔吐があった場合、髄膜炎の危険あり」
という記述を見てゾッとしながら病院へ。

結果、手足口病は終焉を迎えつつあるが、また続けざまに別の風邪が始まったのでしょう、とのこと。

熱は38度2分。
胃腸がやられているせいか、米俵氏には珍しくよく寝る。

カテゴリ:
相変わらず鉄ちゃん街道をひた走っている米俵氏。
今日は近所の寂れた公園(いつも誰も居ない)に連れて行ったのですが、遊具に乗せると一応ニッコリはするものの、近くにある踏切の音が聞こえるたびに
「カン!カン!」
と呟きながら首を伸ばし、音の発信源を探して気もそぞろ。

彼の興味は明らかに
公園<<<踏切

ということで公園遊びは早々と切り上げて、いつもと代わり映えしない一日(電車三昧)を過ごしたのでした。

*****    ****    ****

夕方、私の手を指差したあと、それを掴んで自分の見えない場所まで誘導し、
「無い」
とベビーサインを出してました。

そして、私の目をみつめて、自分の手をチョンと指差して、その後「無い」のサイン。

それを何度か繰り返していました。

そのときはなんとも思わずに
「そうね〜、オテテ、ナイナイね」
と軽く流していたのですが、よくよく考えると、これって二語文だよね。
またオツムが成長したんですなあ。



そんな米俵氏は昨日38度の熱が出てました。
今日は平熱。膝とお尻に湿疹少々。口の痛みで食事不可能。
手足口病のようです。

カテゴリ:

米俵氏、電車が大好きなんですよ。
低月齢の頃からその片鱗は見せていたんだけど、まさかここまでとは……。

このような状態を体験するのは、もっと先のことだと思っていたのだけれど、似たようなもんです。

朝起きて暫くすると、抱っこ紐を引きずりだしてきて「外に連れて行け」と催促し、指差しで進む方向を指示して迷わず踏切に向かいます。
踏切に到着すると、
「カン!カン!カン!」
と呟いて興奮を高めつつ電車が通るのを待ちます。
電車が来ると
「テッタッ!テッタッ!」(多分デンシャ!と言っている)
電車が去ると
「ッッタッタ!」(行っちゃった)

そして踏切が開くと「おしまい」のベビーサインを出して、その場を立ち去ることを許してくれるのですが、踏切が開く前に私が歩き始めると抗議の叫びを上げながらイナバウアー。
でもさー、朝の時間帯って通勤電車がバンバン来るから、いつまで経っても踏切開かないのよね……。
というわけで、毎朝6時過ぎから7時前、もしくは7時過ぎから8時前まで、私は彼を抱いて踏切の前に立ってます。もしその時間帯に中央線に乗るようなことがあれば、窓から我々の姿を確認してください(笑)

ちなみに朝だけでなく午後にも電車を見に行きます。今日は寝る前にも行きました。

そんなに好きなら、ということで写真のような本を購入。ひたすら新幹線の絵が描いてあって、ボタンを押すと踏切や電車の音がするという逸品です。
これがまた大ヒットだったようで、私の膝の上でボンボンと尻ジャンプで縦揺れしながら延々楽しむ米俵氏。(目が完全にイっちゃってた)
放っておくと永遠に続きそうだったので、30分ほど経ったところで強制的に抱き上げて風呂に入れました。

すごいエネルギーだよ。
すでにヲタ炸裂だよ。

カテゴリ:

朝っぱらから張り切って電車・バスを乗り継ぎ、
三鷹の「0123はらっぱ」という児童館に行ったのです。

建物に向かって歩いてるときから、なんとなく悪い予感はしてましたよ。だって人影が無いしシーンとしてる。
案の定、休館日

ぬおー(泣)
開館してるのは日曜日〜木曜日だとさ。
わしの馬鹿ばかバカ。

悶絶していても埒があかないので、即刻諦めて
目の前にある「武蔵野中央公園」に米俵氏を放つことに。

しかし芝生の感触を嫌う米俵氏(土など、粉状に体に付着するものが駄目らしい)、私にしがみついて離れない。

どうしたもんだか……と、ふと横に目をやると
子供用の遊具があるではありませんか。

そこで撮った写真が冒頭のもの。
自分で揺すって、手を叩いて喜んでました。
(私は彼の背中を支えていたのですが、結構安定して乗っていたので、数秒だけ離れて携帯カメラを構えたのです)

しかしカンカン照りの太陽に負けて早々と退散。
家に帰って母子共々昼寝しました。


****

夜は地元商店街での阿波踊り大会。
米俵氏は興味津々で、首をグイーと伸ばして見入っていました。
祭りに興味が持てるほど成長したんだなあ、と思うと感慨深く、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。

カテゴリ:
米俵氏は笑いに厳しいです。
滅多に笑ってくれません。

まあ、7ヶ月過ぎたあたりから、ニコニコ笑顔は沢山見せてくれるようになり、一歳を過ぎてからはそれに拍車がかかってきてる感じがして嬉しいかぎりなんだけど
声を上げて笑うことは相変わらず少ない。

生まれてから今までで、声をあげて笑ったのって、20回程度じゃないかな?数えられるくらいしかないよ。

今日も、母的には「これはどう考えても爆笑でしょう」というような体を使ったギャグを投下してみたんだけど
米俵氏は華麗にスルー。何も無かったことにされましたorz

しかーーーし!
食事のときに、コップに入ったお茶をワザとひっくりかえし
床が水浸しになる様子を観察していた米俵氏に教育的指導を行うために
「両手をギュッと掴み、正面から目をキっと見つめ、迫力のある声で『駄目!』と怒る」
という、叱りの王道を実践してみたところ……
米俵氏、ものすごく嬉しそうな顔をして
「けらけらけら」
と、爆笑。

何故……
おまえ頭のネジ締める場所間違ってんじゃねーの?

このページのトップヘ

見出し画像
×