カテゴリ

カテゴリ:子育て3歳後半

カテゴリ:

描きました。サンダーバードに出てくる
「ジェットモグラ」(写真右)
朝からこれ描いたりしてたらあっという間に昼ですよ。
昼メシ食べたら1時ですよ。

昼寝しようよ〜
と呼びかけるも、米氏はお外に出たくてたまらない。

というわけでバスに乗って家族三人で小金井公園へ。
18時半まで遊びまくってました。主に砂場で。
米氏は砂場に落ちていたペットボトルと、
これまた砂場に落ちていたダンプのおもちゃを組み合わせて
「ジェットモグラ」
を作っていました。(写真左)
わージェットモグラに見える〜。

そして、そんな米氏をほぼ放置して、
私は棒で砂に穴をあけることに熱中していました。
なんかね、サクッサクッていう感触が気持ちよくて……
たぶんハタから見てるとヤバい人だったと思うけど。おほほほほ
てかそんな私をこっそり撮影してる夫めコニャロ〜

カテゴリ:
昨日は、近所の大きな公園で8時間ぶっ通しで駆けずり回っていました。
もちろん米氏が中心。
私は途中で疲れてしまって、夫と米氏を残して一足先に家に帰って休みました。

数時間後、泥の塊として立派に完成した3歳児が帰ってきました。
それを見越して風呂を沸かしておいたので、とりあえず突っ込んで洗いました。
でも今朝起きてまじまじと彼の顔を見たら、まだ土汚れが残ってた。元気な子供の勲章ですね。

今日は、雨模様ですので家で過ごしています。
午前中は、夫が録画していたサンダーバードを観ていました。

ウルトラセブンにサンダーバード……と、
オタクとしての英才教育を施されている米氏です。

サンダーバードは洗練されていて、大人が観ても惹き込まれますなぁ。
米氏の友達連中にもレンタルして流行らせようかと目論んでいる私です。

ややこしデザイン

カテゴリ:
仮面ライダーキバ 米作ウルトラマン

写真左、仮面ライダーキバのデザインした人に対する恨みつらみを呟きまくりながら描きました。描いた後は灰になってました。子供は大喜びだったけど。

その点ウルトラマンはシンプルだから子供でも描ける。(写真右)
しかしながら、シンプルだからこその難しさもあるわけで
私が描くと、手のひらとか、遠近とかの基本的描写能力の低さが際立ちます。ぐうー
人物デッサンの勉強がしたい今日この頃です。
(それもこれも子供を喜ばせるためよ……)

そーいや昨日ウルトラセブン第一話を見たのですが
面白いではないですか。
(youtubeの円谷チャンネルで、ウルトラセブンをHQで観ようとするとエラーが出るのですが、ノーマル画質だと再生可能だということを夫が発見してくれたのです)

「あほ」
と額に書いたらとても似合いそうな宇宙人が出てきます。
一応設定上は、頭が大きくて賢い宇宙人らしいですけど。

そして主人公(ダン青年)が登場したときに担いでる布袋には一体何が入っているのか。
てか車の上に座るなよと。
そしてウルトラ警備隊の皆さんは善良すぎるよっと。(正体不明の青年をやすやすと受け入れるあたり)

まあとにかく素敵でした。
ウルトラホークは格好良いです。

カテゴリ:


円谷プロダクションによって、
「YouTube」 に公式チャンネル
ウルトラチャンネル アット・ユーチューブ」が開設されています。(2008年06月04日〜)
「ウルトラマン」や「ウルトラマンセブン」などの第1話を視聴できるのです。

ウルトラマンいいですね〜〜
私は、子供の頃は全く興味無かったのですが、
いま改めて主題歌を聞きますと、これがやたらと心のツボを押しまくる。
まさに
「血沸き肉踊る」
感覚を得るのです。

ズンズンドコ・ズンズンドコ♪
という地にめり込むような重めのリズム刻み
そして希望に溢れる歌詞!

「胸につけてるマークは流星!
 自慢のジェットで敵を打つ!!!」

いいじゃないですか!!

ウルトラセブンの主題も、ちょっと軍歌みたいだけど
これまた格好良いのです。

うちの夫はウルトラセブンを現役で見ていた世代なので
やたら詳しく、説明が自然と口から流れ出る様子。

米氏はやはり歌に痺れたらしく、
ヨダレを垂らしながら(集中すると口に気が回らなくなるのです・笑)
画面に見入っていました。
しかし本編が始まると
「恐くて見られない」
と逃げてしまいます。相変わらずビビリよのう……

というわけで、最近の我が家には、冒頭の絵のような光景がよく見られます。
そして科学特捜隊のバッジが量産されています。
あ、正しくは、量産させられています。トホホー

このページのトップヘ

見出し画像
×