カテゴリ

カテゴリ:子育て3歳中盤

カテゴリ:
バスのアナウンスが流れたときのこと。
「このバスは天神橋方面行き……」

米:「何?テンピンパピ?」

私:「違う、天神橋方面」

米:「テンニンバピ?」

私:「テン」

米:「テン」

私:「ジン」

米:「ジン」

私:「バシ」

米:「バシ」

私:「ホウ」

米:「ホウ」

私:「メン」

米:「メン」

私:「テンジンバシホウメン」

米:「テンピンピロポンペン」

私:「……」

抱っこテクニック画像つき

カテゴリ:
抱っこ1抱っこ2


子供が16キロになってから、さすがにキツイので、もう基本的に抱っこもオンブもしないことにしているのですが、それらが必要になる場面というのはどうしても時々発生するわけです。

そんなときは大抵ものすごくハードな仕事になることが事前に確定しています。
たとえば想定外の雨の日とか。
バス停に向かっての全力ダッシュとか。

まず、雨の日について説明します。冒頭の画像にて確認してください。
■1:傘が揺れるのを防ぐため、傘を頭に押し付けるように乗せます。(画像左)
■2:同じ筋肉を使い続けるのを避けるため、腕の使い方を三種類ほどに分けてローテーションを組みます。(画像右)
・丸1……傘を持っていないほうの手で、傘を持っている腕の内側をつかむ。
・丸2……傘を持っていないほうの腕を、傘を持っている腕に乗せる。(腕をクロスする)
・丸3……傘を持っていないほうの手で、傘を持っている腕の下側の服をつかむ。
基本的に、利き手で傘を持ちますが、限界を感じたときは左右の手を交代します。
意識的に大胸筋や上腕筋を使うようにしましょう。なるべく大きな筋肉を使うのが、腱鞘炎等を避けるカギとなります。

次に、全力ダッシュについて説明します。
どうあがいても瀕死になりますが、少しでも楽になる方法として
「前半と後半を分ける」ことを提案します。
前半は抱っこ、後半はオンブ。
つまりは、これも筋肉の使い分けということですね。

あと、ついでに書きますが、オンブのときは結婚指輪も外したほうがいいですね。
右手で左手を強く握り締めたときに、指輪があると痛くて凹むので。

他にも何か良い工夫があれば教えて頂けると幸いです。
それでは皆さん今日も頑張りましょう。

カテゴリ:
東京から大阪へは、新幹線N700系のぞみ号に乗ってゆきました。

大阪で、デパートの屋上にある子供用コーナーで、一人で乗れるバイクがあったので乗せてみました。料金も、1回(2分くらい)百円と良心的。
米氏は、いつも公園で乗っている自転車の要領で、スイスイと楽しそうに走っていました。

しかし、道中しきりに
「足が痛い」
と言うので、靴を見てみましたら、どうやらもう、きついようでした。
外靴は、17.5センチのものを予め用意してあったので、それで問題ありません。
しかし、上靴は、5ミリ刻みのものが無かったので、18センチに中敷を入れてはかせました。
どうして子供の靴って、1センチ刻みのものが多いのかしらね?

帰りは、新幹線の2時間半は長く、きつかったので、
JALの飛行機に乗って移動することにしました。
自分の家のある駅まで到着したときには本当に安堵しました。
やはり私の家は、もう大阪ではなく東京なのだなと思いました。

ゆんぼ改

カテゴリ:
ゆんぼ改

やったったわ〜〜!!!ブホー!(鼻息)

指先痛っ。
もう今日は作れんわ。

オリジナル☆ゆんぼ

カテゴリ:
オリジナルゆんぼ

ゆんぼ(パワーショベル)です。
米氏のリクエストもあり、また、自分が好きな重機でもありますので
頭をひねって、昨日作った3作品も参考にしつつ、作ってみました。
やー結構疲れた。

パーツの数が限られているので、色は多少妥協した感があります。特にアームの部分。
とはいえ、初めてオリジナルで作ったのにしては、まずまずの出来かな?
なーんて。自画自賛だな。失礼致しました。

**************
<11時53分:追記>

あ、もしかしてショベル部分が反対か!?
うわーこれじゃあ弱そうなホイールローダーじゃないか。
作り直さねば……

このページのトップヘ

見出し画像
×