雅代の忘備録

カテゴリ: 子育て2歳前半

日曜日も夫は仕事。

azusa

夕方、わしは米氏を連れて新宿に行きました。
目的は勿論、電車。電車。ひたすら電車。

成田エクスプレス

ホームにて、「スーパーあずさ」「成田エクスプレス」と2ショット。(米俵氏の手にシカと握られているのは、この成田エクスプレスの模型です)

その後、南口改札を出てタカシマヤ前の橋へ向かいました。
ここの景色(写真一番右。下が一面レールなの)を見せてやりたかったんだよね〜。

〆にはタカシマヤのレストラン街にでも行こうと思っていたのですが、日曜日ということもあってテンコ盛りの人出。エレベーターに客が寿司詰めになっている様子を見て、すぐさま諦めました。

「パンが食べたい」
という米俵氏の意見に従って、ルミネ地下のヴィドフランスへ。
この時点でわしは、家に帰ることも億劫なくらいに疲れ果てていました。だって、案の定ずっと抱っこだったし……。それに夕食がパンじゃ活力が出ないよぉ。

当の米俵氏は、淡々と楽しんでいる様子でした。
思ったより、激しい反応はせず。

帰ってきて、風呂に入りながら思ったよ。
(私は、よかれと思って米俵氏を新宿に連れて行ったが、果たしてそれは本当に彼のためになったのだろうか。一生懸命やっている……という実感欲しさの、私の自己満足にしかすぎないのではないか?)
と。

で、寝る前に訊いてみた。
「米にゅん、新宿楽しかった?」
と。

答えは
「楽しかった。また行きたい」

この一言で報われた母だったのでした。
またどこへでも連れていったるで〜〜〜!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2007ハロウイン

風呂に浸かりながら、ちょっとカッコイイ感じのメロディーを口ずさんでいた米俵氏。
以下はその歌詞。
英ちゃんは保育園のお友達、
最後のはスポーツではなく玄関のチャイムです。


♪ひこうきから
♪トーマスと英ちゃん落ちてくる

♪行ってまた来る
♪ぴんぽ〜〜ん


ガハハと思わず笑ったら
「ママ笑わないで!」
と叱られてしまったのでした。
でも、そのあと米俵氏も笑っとった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

米俵氏、なんだか機嫌を損ねて泣いてたの。

そしたら夫が
「なぐさめるために音楽をば」
とか言いながらスピーカー準備してるんですよ。
さすが優しい我が夫。エンヤとか聴かせてくれんのか?

夫:「今から流すのはフィボナッチ数列に基づいて作られた音です」

???な私を尻目に、コマンドプロンプトで何やら打ち込んでおる。

するとステレオからは
♪ボーーーーズガーボオーーーベベボボベェェ♪
みたいな、現代音楽をも遥かに超えたすげえメロディーが流れ始め、私と米俵氏は呆然。
夫はひとりで得々としておる。

夫:「どうです、不気味でありながらも整然としたこの音の組み合……」

私:「殴っていいですか?」

とりあえず米俵氏は泣き止んでたよ。
めでたしめでたし。とほほのほー

    このエントリーをはてなブックマークに追加

いたずらっこ米俵氏は、ボールペンを持って寝室に入り
私の布団に落書きしてしまいました。

まあ別にね、書かれてもいいんですけど
母としては叱っておかないと、しつけ上問題があるわけです。

「字は紙に書くだけ!って言ったでしょう?布団に書いたら駄目!」

とね。しっかり威厳を持って言いましたとも。
そしたら米俵氏、上目遣いでシナをつくって曰く

「ワザとじゃ無いのォ〜〜」

……
わざとじゃなくて何で布団に落書きするんだっ!
てかそんな言い訳どこで覚えたのやら。
思わず腰がヨヨヨと砕けて笑いがこみ上げるのを堪える私。
夫もリビングで笑っとる。

かわいいんだけど憎たらしい米俵氏。
ええ、最終的にはちゃんと
「ごめんなさい」
って言わせましたとも。

母は頑張るんだもんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

トドのミネ太郎

私の母(マリー)と、父と、米俵氏と、私
という面子で大分に行ってきました。

今回は夜も寝ることが出来て、つつがなく3日間を過ごすことが出来ました。(米俵氏は自宅以外ではなかなか寝れず今まで旅行といえば修羅場続きだった)

勝因は「和室」と「枕」でしょうかね……
何をかくそう、枕はいつも使っているものを大分まで持参したのです。
しかしまあ、一番重要なポイントは、やはり米俵氏が成長したということでしょうけれど。

1日目は墓参り(父方の)とプール。
浮き輪をつけて深いプールに入ったのですが、米俵氏はマリーの指導に従って上手に泳いでいました。結構適性あるのかもね。

2日目は猿山と水族館。
猿山、楽しかったです。猿があんなに可愛いもんだとは知らなかったよ。赤ちゃん猿が沢山いて、一様に母猿にしがみついていて、母猿の顔には諦念が浮かんでいて、他人事とは思えませんでした。

水族館「うみたまご」では癒されました。見せ方がなかなか工夫されていて、素敵な水族館でした。

そして夜は温泉。棚湯という、大分の街と海が見渡せる素晴らしい露天風呂でしたが、なにせ夜だったので景色はよく見えませんでした。残念。でも星が沢山見えたよ。久しぶりに「おおぐま座」を見ることが出来て幸せでした。わし星座好きやのよ。

夫と一緒に行ってたなら、朝昼夕と温泉入ってただろうけどな〜。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ