カテゴリ

カテゴリ:子育て2歳前半

カテゴリ:
男子化の進む米俵氏、最近は母を呆然とさせる発言がチラホラ出るようになりました。

うんち連呼やセクハラ系はお手の物。

「お店でうんち買うの」
「うんちでお山作るの」
「うんちタクシー!(意味不明)」
「うんちちうんちち☆ゲラゲラ(笑)」

カメラを向けると
「ちんちんの写真撮って♪」

ってお前いい加減にしろ〜〜〜〜!
そんな感性どこで養ってきたんだよぉ。

お手紙書いたの

カテゴリ:
お手紙

「ママにお手紙かくのー」
と言ってナゾな模様を大量生産しては

「はいどーぞ」
と笑顔で渡してくれる米にゅんです。

写真は、そのお手紙の一例です。
私の顔があまりにひどかったので写真上部はズッパリとカットしてあります。

ジェラシー米

カテゴリ:
9月15日、夫の妹さんに赤ちゃんが生まれたの。

というわけで、お祝いに行きました。
直前まで
「赤ちゃんイイ子イイ子するの!(頭なでるの)」
と大張り切りだった米俵氏、実物の赤ちゃんを目の前にすると
急にシーーーーーンと静かになり、微妙に引き気味で硬直している。

新生児見るの初めてだからビックリしちゃったかな?

私が赤ちゃんを抱っこさせてもらっている間、米俵氏は夫の膝に座って絵本を読んでいたのだけれど、微妙な緊張感を漂わせ、決してこちらを見ようとしない。

「米にゅん」

呼ぶとようやく顔をこちらに向けた米俵氏、
口をヘの字に結んで、超「我慢してる」顔してた。

泣きたいのをこらえていたのか……

赤ちゃんをお母さんの胸に返し、米俵氏を抱きしめてギュウギュウしながら
「大丈夫だよー、ママは、『米にゅんのママ』なんだから。
ママは米にゅんが大好きなんだからさ〜!」
と耳元でささやくと、やっと笑顔になりましたとさ。

こりゃ我が家に次の赤ちゃんが産まれたら大変だなきっと。

こんな休日が・・・
本日は朝から家族三人で小金井公園に行って
機関車を見て、うどんを食べて、家に帰って昼寝して
起きたらもう夕方でした。
電車に乗って荻窪に行って、中華を食べました。

こんな休日が永遠に続いたらいいのに。

カテゴリ:
牛乳を盛大にぶちまけた米俵氏。
何の反省も無く

「あ〜あ♪」

とか言ってる様子を少し諌めねばと思って
「『あーあ』じゃ無いっ」
と一喝したところ、彼は何て言ったと思います?

「い〜い♪」

ですって!!!!
2歳児のくせに……こいつめ……
こりゃ先が思いやられます。超へ理屈こねる子になるかも。


****

わしの体調はもう大丈夫です。
はひー

カテゴリ:
えーと
月曜日の夜から腹痛に見舞われて、一晩中痛くて
火曜日には起き上がれないくらいの状態になったわけです。
水曜日の日中は割りとマシになってたのですが、夜から激しく下り始めました。

毎度おなじみの腸炎なんだけどね。
あーもー、わしカラダ弱ぇ〜なぁ〜〜〜畜生め!!

炎症起こしてる大腸がぜん動する痛みつーのは、あれだ
陣痛を思い出しますわ。

というわけで先ほどまで個室で唸ってました。

米俵氏は、初日には私が病気だということを理解していて
なんとなく遠慮したり、一人で遊んだりしていてくれました。
でも今日はね〜
甘えたいという欲求が抑えきれなくなったのか
寝る前に「抱っこ、抱っこがいいの」と20分くらい泣き続けてましたよ。

夫が子供向けビデオとか見せて落ち着かせてくれて
その後私が気力を振り絞って授乳して
なんとか寝させましたが……

私がダウンする、これが一番家庭にとって由々しき事態ね。
はやく元気になりたいっぴ。
そして米俵氏を抱っこしてギュウギュウしたいです。

まあ、現時点ではこれが書ける程度に落ち着いてきてるわけですが。(でも真っ直ぐ歩けない)
明日もう一度病院に行って来ます。

このページのトップヘ

見出し画像
×