カテゴリ

カテゴリ:妊娠9ヶ月

今日の日記とゴールデンウイークのメモ

カテゴリ:
050507

風邪の後、やっと体調が良くなってきたので
今日は久しぶりに散歩をしました。夫と。

地面から空近くまで緑が萌え上がっていて
湿気を含んだ土の匂いがして
歩いていると穏やかな幸福感が湧き上がってきて
気分がとても良かったです。

こういうことに幸せを感じられるということが
これまた幸せだなあと思いました。

昔の私には無理だったし。


家に帰ってきてから、昼に仕込んであった
「ブリのアラと大根の煮物」を食べました。

大量のブリアラは、激安スーパーで200円でGETしたもの。
素敵すぎ。


****

(MEMO)

ゴールデンウイークに見たもの
・オペラ「カルメン」全幕(メトロポリタン)
・プリセツカヤのドキュメントビデオ
・録画してあった「カルミナ・ブラーナ」(2004年大晦日ジルベスタ・コンサート/ラトル&ベルリン・フィル)
・バレエ「白鳥の湖」全幕(フォンティーン&ヌレエフ&ウイーン国立歌劇場バレエ団)
・オペラ「ドン・ジョバンニ」全幕(スカラ座)
・バレエ「ボレロ」(ジョルジュ・ドン)
・バレエ「カルメン」「プレリュード」「ライモンダ(抜粋)」(プリセツカヤ)


子供が生まれたら
2時間程度のビデオを見ることすら困難となる
ということに気が付いて愕然としている今日この頃。

カテゴリ:
妊婦のコミュニティに入ってるんですけどね。わし。
そこで、5月出産予定の人の集うトピが立ってるわけですわ。

今、そこが物凄いことになっていまして、私はもう圧倒されまくりです〜。

何が凄いってアータ、そりゃ
数ヶ月語ろうてきたお仲間達が、どんどこ産気づいて入院→出産
っつーラッシュが起こってるんですよう!


(以下、精神科の診察室で安楽椅子に座って行う独白のイメージで)

嗚呼!先生!
土石流が見えるんです!
土石流の横で、私はボンヤリ立ち尽くしてるんです!
現実感が全く無いんです!
でも物凄い音が聞こえるんです!
そしてなすすべもないんです!
私の力の及ばないところで、凄いことが起こってるんです!

しかし私には何も起こらないのです!
まだ私は決して土石流には巻き込まれないのです!
まだ私の周りは静寂なんです!
でも胸が高鳴るのです!
嗚呼!

カテゴリ:
携帯からもwebにアクセスできるように
セッティングしましたです。
便利な世の中ですな。

昨日の夜は、ちょっと腹が張るだけで
「じじじ陣痛来たか?」
みたいに期待してしまったよ。

全く気配無しっす。
今日なんぞ、張りすらしない。
心なしか腹も小さくなったような気がする。えええ!?

いやしかしマジで。
床の拭き掃除もラックラク♪みたいな。

……

フェイントか、我が赤子よ。
親を愚弄しているのか。さすがは我が赤子よ。

月曜日の検診で先生に報告して
それでまたアドヴァイス貰おう…

私が診て貰ってる先生の言うことって、結構な確立で当たるらしいので。(現時点では『一週間くらい早く生まれる』というお告げを頂いているのだが…)


<追記>
腹が小さくなったんじゃなくて、腹の位置が下がったのかも!
なんか楽なんだよな。息もしやすいし。
もしそうだとしたら、やっぱお産が近づいてるってことなんだよなあ。

わからん。
まあ普通に過ごそう。

カテゴリ:
今さっき少量の出血がありましたです。
これがいわゆる「おしるし」つーやつですか。

参考URL:おしるしとは
http://www.premama.jp/jiten/birth/birth03.html

ヲヲ。もうすぐ生まれるんだねえ。

……ちょっと早くねーか?
まだ正規産期間に入ってないにょらよ。

まあ、おしるしから陣痛まで一週間以上かかる人も
居るらしいし、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

でも準備は万端にしておかないとな。

カテゴリ:

かなーりエライ目に遭いましたです。
前回の日記を書いたあと、どんどん熱が上がりまして…。

そのうち38度を軽く越してしまって
「あーまるで欽ちゃんの仮装大賞のスコアボードみたいだ」
なんて思っている余裕も無くなり、
全身痛で立ち上がるのも困難な状態に…。

18時頃、病院に電話して判断を仰ぐと
「来て下さい」
と言われたので、夫に支えられながら糸の切れた操り人形状態でタクシーに乗りこみ、かかりつけの東京衛生病院に急患で入りました。

妊婦はこういうときでも産科に運ばれるのだよ。
わしの状態を診るより先に、赤ちゃんの状態を確かめるため
心音を聴く器械のある部屋に通されたんだけど
赤ちゃんの心拍数も上がってしまっていて、可哀想だった。
(普段は140/秒なのが180/秒になってた)

羊水の温度も上がってしまっているし、母体が苦しいと赤ちゃんも苦しいそうで…。
おぉぅ(涙)

さすがにこうなると「薬は飲まずに」とも言ってられないので
妊婦でも影響少なく済むような抗生物質と感冒薬を処方してもらって家に帰りました。

こんな苦しい風邪は久しぶりだったよ。

タクシーで片道40分弱なんだけどね、ほんと遠かったわ。
産気づいてるときは、もっと遠く感じられるんだろうなあ。

それから二晩明けた現在は熱も下がり
喉の痛みこそ残ってはおりますが、もう大丈夫です。

ああ、そうそう、
ついに本日から臨月に突入したのです。
というわけで機嫌良く妊婦検診に行ってきたのですが

「近頃の妊婦さんには珍しく、子宮口が柔らかくて
状態が良いですねえ。今既に一センチほど開いてますから
一週間くらい早めに生まれるかもしれませんよ」

と言われました。(当初の予定日は5月30日)
24日が満月なので、その前後になるのかなあ?(新月・満月近くの大潮の時間帯には出産が多いらしい。大自然に呼ばれているんですなあ。)



写真は本日、病院の産科病棟前にて。夫撮る

このページのトップヘ

見出し画像
×