雅代の忘備録

カテゴリ: 妊娠臨月

・夜

米を研ぎ、炊飯器のタイマーをセットしながら
「この御飯、明朝食べられるのかな。無駄になるのかな。
 病院に行って、夫が帰ってくる頃には保温のしすぎで黄色くなってるよなあ。
 勿体無いなー。少なめに炊こうかな。
 それとも、陣痛始まったら、早炊きで炊いて食べてから病院に行こうかな」

アジの開きの数を確認しながら
「この魚、陣痛が始まったら忘れずに冷凍しなくては」

野菜室を覗いて
「これは何日くらいもつのかなあ。退院する頃には流石にシナビてるか」


・朝

「ああ、また朝を無事に迎えるとは思わなんだ」
「食物は無駄にならずに済んだ」
「今日も "一日分だけ" の食材買いに行かなきゃな。味噌汁の具用の野菜は、なるべく日持ちしそうなやつを選んで」

****

昨日の夜の腹痛は更に強かった。
日増しに強くなるような気がする。
夫の手を握っていたら涙が出てきた。
やっと収まって、(眠れる……)と安堵した頃には窓の外が明るくなっていた。なんとなく『はげ山の一夜』を思い出した。

収縮の痛みなら、生理痛で慣れているので耐えられるのだが
内部から押され(赤子の頭で?)閉じている内臓を開かれるような痛みには恐怖すら感じる。

今夜はどれくらい痛いのだろうか。

****

しかし日中はユルい感じで過ごして実に幸せであった。
昼前に起きて
ユーリー・ノルシュタインさんのLDと、じゃりン子チエ劇場版DVDを鑑賞
おやつに餡団子とミタラシ団子を食べ
夫と布団に寝転んでお喋りに興じ、そのまま惰眠タイム
目が覚めたら外が暗くなっていたので
近所の蕎麦屋に行って春の味覚(焼き物&てんぷら)と蕎麦を楽しみ
帰ってきてからディープ・ブルーを鑑賞。

ディープ・ブルーのDVDには本編のほかに
メイキング(52分)やオーディオ・コメンタリー(58分)等も収録されていて、これらがまた面白い。子供がある程度育ったら一緒に見たいな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は結局、一歩も外に出ず。

火曜に見たばかりの、キーロフの「白鳥の湖」を再度鑑賞。
この舞台は、見ていると本当に脳みそがユルユルになる。
マイセンのお人形が踊ってるみたい。
ああ〜。ええなあ〜。
何度でも見たいね〜。

半分ほど再生したところで夫が帰ってきたので、後半は一緒に楽しむ。その後、手塚治虫監督「クレオパトラ」を鑑賞。

見終わったら午前1時半を過ぎていた。
楽しかったなあ、と思いつつ立ち上がった途端、
太ももの付け根にかなりの痛み。
「ああ!」と思わず声が出る。
その痛みは下腹部にもおよび、しばらく動けずにいた。

夫が驚いて後ろから支えてくれた。

今までに無い強い痛みに、
「これはついに始まったな」
と、二人して色めきたつ。
私はワクワクしながら急いで風呂に入った。

が、その後10分おきに2回ほどお腹の張りを感じたものの、そのまま消滅してしまった。これまたフェイントだったらしい。

今日は朝からずっと子宮が緊張している。軽く痛い。
赤子は完全に骨盤に頭を入れたっぽい。ぼて腹が更に下がって、ちょっとサイズも小さくなった。
胎動は減り、動きも緩慢かつ弱い。当然だが、動きを感じる位置も下のほう。脇腹に突き出てくる足の位置も下がった。わかりやすくて面白い。
赤子の下降に伴って胃の圧迫がとれたので、食欲の押さえがきかない。そのかわり圧迫は腰と足の付け根のほうに。腰痛が酷い。

赤さんやー。準備は完了ですか〜?
まあ予定日は30日(月)なんだしさ、今週末は最後の夫婦水いらずってことで、ゆっくりさせておくれ。(とか言ってると逆に急いで産まれてきたりして……)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日を含め、予定日まであと5日となりました。

誰だ、一週間早く生まれるなんていったのは!
タケオめ!(←担当医)

今日はなんだかやる気が出ないので、
珍しくずっと家におります。

布団でゴロゴロしながら
(産まれてしまったら、このように一人でダラける時間も、しばらくは持てないんだなあ)
と思うと、妙にこの「まだ産まれていない日々」が
いとおしく思えてきました。

あとすこしだけなんだよね。
『子供がいない私』でいられるのも。

じっくり味わいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加


そういえば結局、妊婦用の「腹支え機能つきコルセット」は2回ほどしか使わなかった。
妊婦帯も、帯としてサポート力をつけて使ったのはほんの数回で、あとはユルユル着用の腹巻と化していた。

妊婦用の巨大パンツも数回しか履かなかった。極端に布面積の小さい紐パンか、安物の綿パンツ(洗うと柔らかくて良い感じになりやすい…)のほうが心地よかったので。
妊婦用のブラジャーも要らなかったな。でかめのスポーツブラで代用できた。

マタニティウエアは、ズボン(カジュアルにも、ちょっとキッチリした感じにも使えるデザイン)一本のみ購入。
これは正解。4ヶ月ころから9ヶ月まで活躍してくれた。
ちなみに臨月まで履けるというふれこみだったが、臨月には苦しくて履けなかった。
臨月に入ってからはマタニティじゃないICBのスカート(ものすごい柔軟性のある生地で圧迫感ゼロ)ばっかり履いてる。

トップスは、丈が長めのものならなんでも着られる。
ピタっとしたTシャツを着ると、さすがにこうなるけど(写真参照)。でも上着を羽織れば目立たないから、普段の買い物程度なら大丈夫かな。

マタニティパジャマに到っては、買ってもいない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日から39週目に入りました。
先生曰く
「うーん、早く生まれると思ったんですけどねえ」
ですって。困った顔してた。

……わしこそしたいよ、困った顔。
なんだか腹の状態も穏やかなんだよ。
まさしく「赤さんは気まぐれ」!!

ちなみに来週月曜を過ぎると、
出産予定日超過ということになる。
その後も1〜2週間くらいは余裕があるけれど、あまり生まれるのが遅くなると、胎盤が古くなってきて機能が低下するらしい。そうなると色々不都合が起こるので次回の検診では血液検査をすると告げられた(胎盤機能検査)。

なんやかんやと、心配の種を突きつけられるのだね
この時期の妊婦は。

しかし赤さんや。
もう、あなたが好きなときに生まれるが良いよ。


とはいえ、やっぱ、あまり待たせないでね。プリーズ。
そうそう、26日は母さんと父さんが入籍した日なのよ。
その日なんてどうかしら?母さんからの御提案。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ