雅代の忘備録

カテゴリ: 子育て新生児

里帰りはせず、事情があって実家の母にヘルプに来てもらうことも出来ないのです。

夫と二人、
夫が会社に行っている間は私一人なのです。

赤子の世話と家事でテンパり気味の私が実家に電話したら
母がこう言いました。

「昔、あんたのおばあちゃんがママに言ってくれた言葉があんねん。
それをあんたにも贈るわ。
『埃で赤ちゃんは死なない』
今は赤ちゃんの世話をするのが、あんたの一番大切な仕事やねんから。
家事は、手を抜けるところは抜きなさい。
毎日掃除機掛けたりする必要は無いのよ。
”ちゃんとしよう”と思いなさんな。
それがストレスになるんやから。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加

赤さんは生まれたてでフレッシュつやつや。
エネルギーもスタートダッシュで大放出。

でもな、何ゆえに夜中の3時半から朝の8時まで
そないに覚醒する必要があるのかね?

お母さん眠いねん。
わし寝不足が一番こたえるねん。
疲れすぎてお乳が枯れそうだYO!

夫は明け方に、少しでも私を寝かせるため(愛だ!)
赤子をあやしてくれた。
家族総出バトルで御座いますよ。

子育ては体力勝負って本当だね。
これから子を作ろうと思う人は、それにそなえて今すぐスポーツクラブに入会なさることをお勧めします。

ちなみに、わしは入会していたがサボっていた。


あ。赤子が「きゅ〜」とか「うぐぁ?」とか寝言を言い出した。起きて泣く前兆だ……
乳やりマシーンとして起動スタンバイせねば。


レス遅れててごめんなさいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

母乳を飲ませた後、背中をポンポンと叩くわけです。
そうやって「ゲフッ」と空気を出させないと、
せっかく飲んだ乳を吐いてしまうので。

赤子を抱えて背中を叩く。叩く。
ポンポンポン。ポンポンポン。ポンポンポンポンポン!

いつの間にか私は呟いていたよ。
「今すぐ引越し、ひっこーし!!」(by騒音オバサンin奈良)

夫が渋い顔してた。早期教育として相応しくないって(^−^;

    このエントリーをはてなブックマークに追加



赤子、本日退院!
やっと一緒にくらせるね。

1時半頃病院から連絡を貰い、3時過ぎに病院につくと、赤子がワアワア泣いていた。
助産師さん曰く

「この子は母乳しっかり飲むから、お母さんが来るまで
午後のミルクあげないでおこうと思って待ってたんです。
泣き止ませようと思ってオシャブリ咥えさせても
ベーって口から出しちゃって全然駄目で……」

とのこと。わあーん。君が泣いてた間、母さん達は昨日録画したタモリ倶楽部見て笑ってたよ。ごめんよう。

かわいそうな赤子は胃の最大容量を超えてゲロるまで乳を飲み、その後 疲れて寝てしまった。帰りのタクシーの中でも眠り続け、現在もまだ寝ているよ。

……おかげさまで、わしら夫婦はウナ丼&寿司というゴージャスディナーを楽しむことが出来ました。(夫が買ってきてくれた)

それにしても静かだ。拍子抜けするくらいに。
夫曰く
「動かざること山の如し!」

一体、何時間眠るつもりだ?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

頭の形

赤子は狭い産道を通るために頭蓋骨を重ね合わせ、変形させながら産まれて来ます。

というわけで、出てきた直後は自転車レースのヘルメットみたいな頭の形をしていたのです。なんか空気抵抗少なさそ〜な感じ。
ヘタするとエイリアンっぽくもあるような。

でもここ数日で、だいぶ丸い頭になってきた。

そんな我が子が新生児室で機嫌よく眠っているとき
夫がガラス越しにそれを見ながら

「まだ頭が柔らかいから、向き癖がついちゃうと頭がゆがんでしまうよなあ。……どんな形にもなるのかな?板で挟むと頭が尖った人になったりするのか?」

と恐ろしいことを言い出した。実験好きにも程がある!
しかし私もつい

「三角にするならパイロンかぶせたら良いのと違うか?」
「小さいパイロン二つかぶせて吸引したら、2本角がある子になるかな」
「真ん中に極小パイロン一個なら『おぼっちゃまくん』だよ!」

と乗りまくってしまった。
こんな親でゴメンよ我が子。


図左:ヘルメット
図中:パイロン
図右:おぼっちゃまくん
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ