カテゴリ

カテゴリ:子育て2ヶ月

カテゴリ:
携帯から更新。

赤子無しで移動するのって、なんて楽なんでしょう!!
身ひとつ、ブラボー!

シッターさんに赤子をあずけて、これから原宿に髪を切りに行くのです。

洗った後に乾かす暇が無いことと、産後の抜け毛が始まって、いたるところが毛のトグロだらけになっているのがウザイというのが主な理由。ばっさりショートにします。

いっそスキンヘッドにしたいくらいです。
そうすれば気まぐれに一日数回濡れた布で拭くだけで手入れ完了だろ。
出掛けるときはカツラでOK。

でも夫の前でそこまで女を捨てることはまだ出来ないの。。(たとえ私がどんな髪形にしようとも彼は寛容に受け入れてくれるとは思うが)


オムツやら赤子の着替えやらが入っていないバッグも久しぶり。
それらの代わりに何を入れたら良いのか一瞬解らなりました。
(化粧品とか手帖とか、重いので最近は持って歩いて無かったのだ)

書いてるうちに新宿に着いたので、乗り換えます。

カテゴリ:
正直なところ、昔は子供が苦手だった。
自分自身が小さな子供の頃から、年下の子達にはどう接してよいか解らなかった。

でも米俵君を妊娠してから、そして産んでから
全ての赤ちゃんが愛しくてたまらなく感じられるようになった。

「さんまのからくりTV」の子供ビデオを見て微笑み
パンパースのCMに悶絶、お隣さんの子(1歳)にも萌えまくり。
見知らぬ親子にも、つい目がいってしまう。

さて、そんな私、今日は産後のケア教室に行ってきた。
赤ちゃんをあやしながら一時間ほどバランスボールを使って有酸素運動をするのだ。(抱いたまま運動するとカロリー消費1.5倍だってさ!)

少人数制なので、参加者は7組。
5人の赤ちゃんが教室中央のキルトの上に寝かせられ、モニョモニョ動いている。 か、かわいい。

何故人数があわないかというと、1人はまだ妊娠中で、もう1人は1歳を過ぎた幼児だったから。

一応このクラスは
「動き回る月齢になった子は、信頼できる人に預けて参加してください」
ということになっているのだけれど……。

その1歳児はクラスが始まる前から
「ゲゲゲゲゲ!」
と笑い、
「ウガーーー!」
と叫び、
皆の間をぬって走り回っている。
他のお母さんが相手をしてやっているのだが、そうすると彼女は先生の話が聞けないんだよね。
当人の母さんは何やってるんだ?と思って振り向いてみると、彼女は明後日の方向を見つめボンヤリしている。悪い予感。

予感は当然のように的中し、クラスが始まると子の悪戯は更にエスカレートしはじめた。
筆記用具の入っている箱を踏み潰す。お母さん達を殴る蹴る踏む。
挙句の果てに、勢いをつけて小さな赤ちゃんを踏もうとした。なんてことを!
さすがに、このときばかりは寛容なお母さん達の間にも緊張が走った。みんな笑顔だけど引き攣ってるよ。

1歳児の母さんは子が暴れまわっていても何もしない。
赤ちゃんを踏もうとしたときですら、
「だめじゃなーい」
と呟いて緩慢にやってきて子を移動させただけ。
あの、、踏まれかけた子のお母さんに謝るのが先じゃ……

……

ごめん、私、この1歳児は、可愛いと思えない。

っていうか、むしろ

ク ソ ガ キ


その子が、というより、その子の母さんの態度が主に私を激昂させるのだ。
たぶん私、顔ピクピクしてたよ思うよ。
ええ、まだ人間そんなに出来てないんで。

うちの子も1歳くらいになったら、手に負えない怪獣になるのかな〜?
言って聞かせられる年齢じゃないしなあ。
でもせめて、わしゃ 「目を離さないこと」 と 「他人への謝罪」 は忘れないようにしたいよ。

カテゴリ:
抱っこしてたら米俵くん寝始めた。
右手をチューチュー吸いながら、
左手で私の指をギューて握ってる。

最近ますます目がハッキリ見えてきたようで
酔狂なオモチャなどを見せると凝視しやはります。
目がパッチリひらいてキューピー人形みたい。

そして寝顔は相変わらず安らかなの。

私はますます脳がとろけて親馬鹿に。

きのうで結婚式から2年

カテゴリ:
bridal-1

でした。

夢のように思い出される結婚式。
来てくれた皆さん有難う。

そして私の意見を優先させてくれた夫に感謝。
会場に関して、夫は「天井が高くて明るいところ」が希望だったようなんだけど、私はまったく反対で「天井が低くて薄暗い耽美的な空間」でなきゃ嫌だったのだよ。

で、結局、私が強く望んだ銀座マキシムになったわけですが。
bridal-2
私はしつこいので(親にも言われる)、あの希望が叶えられてなかったら、たぶん未だに納得いかずに悶々としていたことでしょう。あー。難儀な女だ。

ということで、微妙に反省しつつも
記念日であるところの昨日という一日は
米俵くんの世話であっというまに暮れてしまったのでした。

正直、あやうく忘れるとこだった。
子供がいたら記念日すら曖昧になるよ!!!

カテゴリ:
子が目覚しい成長をみせているのにひきかえ
親は老化するばかり。

今日もワシは立ちくらみが酷くて
リビングから台所まで歩いただけで座り込んでしまう始末。

そんなときでも子は容赦ない。
米俵君、最近要求厳しめで、ただ座って抱いているだけだと
「刺激が足りねー!立ちやがれーー!」
とばかりに泣き叫ぶので、延々立って揺すってなきゃいけない。昨日も一昨日も、何時間 部屋の中を歩き回ったことか。
今日はどう考えてもそれは無理なので急遽シッターさんに来てもらいました。

おかげさまで大分回復しました。ほ。

ほかのお母さん方って、体調不良のときどうやって切り抜けてるんだろうか?

このページのトップヘ

見出し画像
×