カテゴリ

カテゴリ:子育て10ヶ月

顔で遊ぼう

カテゴリ:
ウインドウズユーザーだった夫がマックを買いました。
ディスプレイの上部にある内蔵型カメラ「iSight」に組み合わせて用意されているアプリケーション「Photo Booth」。
夫がそれを使って顔を変形させて遊んでいたので、つい私もやってみたくなってしまったのです。

その結果をお知らせします。


↓↓↓





まずは使用前
854e0213.jpg











83d278c9.jpg








fb05a6ef.jpg








まきこまれて子も犠牲に。
f0d078c0.jpg


バカボンそっくり

カテゴリ:


5秒くらい手を離して立ってることも多くなってきた米俵君。
今日は、ついに一歩足を踏み出しました。
すぐに私の腕の中に倒れこんじゃったけれど
歩けるようになる日も近いですな。できればGW中に見たいな〜

写真はフランスパンを食べる米俵君。
あと一ヶ月ほどで一歳。「赤ちゃん」から「子供」になりつつある米俵君。自己主張はますます激しく、扱いにくいことも多々あるけれども、それを上回る可愛さに、私は本当に子供を産んでよかったと思うことができるのです。

カテゴリ:

先週に引き続き、上野の東京文化会館にてパリ・オペラ座バレエ団日本公演を観てきました。
演目は「パキータ」。
ゆっる〜〜いストーリー、めでたい音楽と共に
主演が、その他大勢が、踊る、踊る、踊りまくる!

あまりにも皆さん「普段より多く踊っております!」状態だったので、わしゃ最後のほう笑いがとまりませんでしたよ(声は出してないけどさ)。
楽しい舞台でした。

帰ってくると、時すでに22時。
米俵氏は夢の中。

シッターさん曰く
「私に向かってしきりに『う%&'*~@』(←う、なんとか)って言って窓の外を指差すから、何かと思って見てみたんですけど……。ベランダにウサギさんが居るんですね!」
とのこと。

そうです、ベランダにウサギ放ってるんです。
米俵氏にはいつも
「うさちゃん居るね!」
と教えております。

うさちゃん、と言おうとして頑張っていたらしい。
それが第三者に伝わるとはビックリだねこりゃ。
母さん感激です。

***
写真は、強制的に
「アイラブ・マミー」
Tシャツを着せられている米俵君。
早く自発的に言ってくれろ。

カテゴリ:
「1日3時間以上抱っこされている赤ちゃんは情緒が安定する」
というような記事をどこかで読んだ記憶があります。

米俵君が生まれて間もないころだったかな。
生後一ヶ月くらいの米俵君は、まだ昼間寝ている時間のほうが多くて、私は
(寝てても効果あるのかなぁ)
と思いつつ、ダランとした彼を抱えて散歩したりしていたものです。

その後、4ヶ月〜5ヶ月半の頃は
抱いていないと阿鼻叫喚の様相を呈するようになり
私は彼を、ほぼ一日中 抱き続ける必要がありました。
抱いて揺らしすぎて、足の裏が腫れて歩くのも辛いという有様。
(否が応でも3時間以上になってるぜ)
と苦笑いする日々でした。

そんな状態も徐々に落ち着き……
先月体重10キロを超えた(その後ちょっと痩せて現在9.9キロだけど)ことに加え、聞き分けも良くなってきたので
日々の買い物のときなど、ついベビーカーに乗せて移動することが多くなっていたのです。
家の中でも、米俵君が「抱っこより絵本を読んだりして遊びたいよう!」と主張するようになったため、抱いている時間はこれまでに比べ激減しました。

しかし

私は一昨日、確信したのです。
長時間の電車移動(←さすがにベビーカーは無理。泣くし)などに伴い、2-3時間ガッツリと抱いていた日は、米俵君の表情が穏やかで、夜寝る直前まで機嫌が良いということを。

というわけで、ベビーラップに助けられながら
これからも積極的に抱っこ頑張りまする。


あ、でも適度に適当に、ね。おほほ

カテゴリ:
私が食物アレルギー持ちなので
米俵君にもそれが遺伝している可能性があり
離乳食の内容に関しては結構気をつかってきたのです。

トマトで湿疹が出たり、バナナで下痢をしたり
ちょっと可哀想なことも何度かありました。
(まあこの二つは抗原度高いし、予想はしてたけど)

乳製品や卵は、一歳まで与えないつもりです。
肉もまだ与えていませんでした。

でも昨日なんとなく
本当になんとなく
鶏肉(ささみ)を食わせてみたのです。

一昨日の検診でバーサン先生に
「まあボチボチ鶏肉から食わしてみそ」
という内容のことを言われたせいかな……
スーパーでつい手が伸びたのよね。
今までの流れからすると凄い冒険なんだけど。

少量食わして、一日様子をみて、大丈夫そうだったので
本日の夕食にも鶏肉を使ってみました。
ささみ挽肉ソボロ御飯。

バクバク食ってた。
その後、特に変わった様子も無い。

安心したわ。
これで彼の食の世界がまた広がる。



***

抗原表って参考にはなるけど、自分の体験に照らしてみると
「うーん」と思うことも多々ありですなあ
これを信じてやれば良い、というものでもないところが難しいね。
だって私、羊肉(抗原値高くない)食べるとジンマシン出るし。

このページのトップヘ

見出し画像
×