カテゴリ

カテゴリ:音楽・芸術

カテゴリ:
先の日記で紹介した、「私が寝るときに聴くアルバム」 ですが、
10年以上前に買ったものなんです。(でも最近薬局で流れてて驚いた。また再燃してるのか?)

鬱が酷くなると、本を読むのも音楽を聴くのも出来なくなっちゃうんですが、
唯一 許容範囲なのが、このアルバムです…

先の日記では、Amazon のURL を貼りましたが、
今や iTunes Store で曲を買う人のほうが多いのではないか?
と思い、改めて iTunes Store へのリンクを記しておきます。

ちなみに私は、CDから曲を取り込んで iPhone に移すのが面倒だったのと
「もう一回買う価値はあるよね」
という気持ちで、iTunes で買い直しました。(浪費家?)

Swing For Joy --- EGO-WRAPPIN' icon
(試聴出来ます)
 

ザハロワ様

カテゴリ:
ボリショイ劇場が改築されたんですってね。
その 「こけらおとし公演」 であるところの 「眠りの森の美女」 を本日鑑賞致しました。
実は私、放送されたことも全然知らなかったんだけど、夫が録画してくれてたのよね。
夫婦で趣味が同じだと、こういう良いことがあります。

んでんで

主演:スヴェトラーナ・ザハロワ
ザハロア

彼女が演じる「オーロラ姫」(「眠りの森の美女」のヒロイン)は、
新国立バレエにゲストとして来日なさったときに観たことがありました。

でも今まで正直あんまり好きじゃなかったのよね。
「細すぎてトリガラみたいだし、演技にロマンティシズムが足りない」
とか思っちゃって。

特にオーロラ姫に関しては
「パリ・オペラ座のオーレリー・デュポン最強だろ〜」 とか
生意気なこと思ってたんです。いや実際限りなく最強だと思いますけど。
デュポン

でも私、ちょっぴり前言撤回するわ。
ザハロワ様 、めちゃめちゃ可愛かった。

バレエやってない私が偉そうに言うのも躊躇われるけど、前よりずっと良くなった。
動きも良いし、演技ももちろん上手いし
「オーロラ姫として可愛い」 のと、
「本人が可愛い」 の両方で光り輝いてた。

 1幕(グリゴローヴィチ版だったので2幕構成)で、オーロラ姫が元気に飛び出してくるところからして、もう目が釘付け。衣装はなんだか安っちい変なピンクなんだけど、中身が安くないのよ。
そして完璧なローズアダージョでなんだか目頭が熱く…あれ、なんで私泣いてるの?

ザハロワ様の指先は限りなく優雅に動き、足さばきは中国雑伎団も裸足で逃げ出す軽やかさ。
完全に骨抜きにされました。
今までゴージャス系ダンサー(デュポンやマハロワなど)ばっかり好んで観てたけど
細長系(?)ダンサーもいいじゃんか!と認識を改めさせられました。

もちろん 「その他大勢」 の方たちもすべてハイクオリティー。
脇役を演じてるのが実は主役級ダンサーだったり。
まさに
「ボリショイが本気だすとこんな感じになるんだね〜」
って感じでした。

久しぶりに良いものを観た。

上野の国立科学博物館へ

カテゴリ:
roketto
写真:ロケット。
これを見ながらソフトクリーム食べました。美味しかった。

さて
ここ数年、かなりの頻度で行っているような気がする
「国立科学博物館」

祝日の金曜日にも行ってまいりましたよ。
今回はいつも見ている地球館(恐竜の化石などが展示されている)だけでなく、
日本館もじっくり観察してみました。
いやー日本館あなどりがたしですよ。あれは見るべき。
なにせ、うちの夫が展示されてましたからね!(これに関してはまた後日書きます……)

博物館に関しても後日書きます。
今日はもう眠すぎるので(^−^;;

最後にフタバスズキリュウの骨格の写真を貼っておきます。これも日本館に展示してあるものです。
フタバスズキリュウって、ドラえもんの映画「のび太の恐竜」に出てきた「ピー助」なんですよね〜。
そう思うと一層感慨深いです。 
futabasuzuki

カテゴリ:
アメリカのバンドのPVらしいのですが、ものすごい大がかりなピタゴラスイッチになってます。
アバウトなんだけどつい見てしまう。テレビぶっ壊したりするあたりがバンドらしいなと思います。



どこで知ったかというとG+のストリームです。
こういうときって最初に共有した人の名前出したほうがいいのかな。
G+じゃない外部ブログだと出して良いのかどうか悩むわ。 

カテゴリ:
「LaDiDa」
というiPhoneアプリに、地味にハマっております。
フンフーンと適当に鼻歌を歌うと、それに伴奏を付けてくれるというものです。

歌が苦手な人用に、音程補正のオプションもあります。
確かに補正されます。が、これをやると声がひずむので(面白い効果が狙えることもありますが)私はあまり好きではありません。

UPすると、日本のみならず世界で公開され、ランキングされます(^−^;
私は、オリジナルの曲と、カバー曲を両方UPしてます。で、

昨日まで一応日本ランキング一位
だったんですけど、
手違いでその歌を削除してしまったので非常に残念無念……
まあ、また歌えば済む話です。

昨日も一曲歌ってUPしました。(最後のURL)
今回はオリジナルではなく、
谷川俊太郎先生の詩に曲を付けたものです。これは以前TV
「題名のない音楽会」
で聴いて、耳で覚えていたものですので、
原曲とは多少違うかもしれません。(意図的にカットした部分もある)

皆さんもiPhoneを購入したなら、是非とも鼻歌にチャレンジしてみて下さい。意外な名曲に作り上げて貰えるかもしれませんよ!

sang "I Must Go" on iPhone with LaDiDa.
http://khu.music.s3.amazonaws.com/usersong_4bfa356abd3b6.mp3

このページのトップヘ

見出し画像
×