カテゴリ:
変な話題ですが、割と大切かもしれないので、私の経験を書いておきます。

以前は手術にも使われるメスで切っていたのですが、あまりにも切れるので、正気のときに廃棄しました。

カッターは使ったことがありません。
最近まで私が使っていたのは、薬局で売っている昔風の剃刀です(小さい包丁みたいな形のやつ)。

以下、場所別に自傷のリスクを書いて行きます。

上腕外側を切ると、簡単に深く切れるので、年単位で割と派手な跡が残ります。
そして、神経を損傷する確率が高く、数日間、腕全体に痛みが出ます。

前腕の "手の甲側" は (いわゆるアームカット)、これも簡単に深く切れるので年単位でひどい傷跡に悩まされます。
神経損傷のリスクが少なく、後日不快な思いをしたことが無いので、私は主にアームカットをしていました。(ゆえに見た目が大変なことになっています)

そして、その裏側。リストカットと呼ばれる部位です。ここは深く切りにくいので、跡が残ったとしても白い跡や 白い盛り上がりのみです(私の場合)。
ただ、手のひらの付け根から10センチほど、縦に切ったことがあるのですが、神経に触ったせいで、手首から先、つまり手の部分が痺れたり痛んだりして数日間不快でした。 もうしません。

太ももはいくらでも切れますし、白い脂肪を観察できて面白いですが、何年たってもケロイドやしこりが残るので、その点では最悪です。

首は、注射針をブサブサ刺しても意外と平気でした。さすが急所、守りが固いです。 頚動脈まで切り開くのは相当な力がいると思います。痛いだけで終わるのがオチでしょうし、リンパ節などを傷つけて具合が悪くなるかもしれません。重要な機関が集まっているので、なるべくノータッチでいきたいところです。

針を刺すのは傷跡が残らないので便利かなと思ったのですが、医療用の使い捨てのものを使ったとしても、感染症の危険があるので避けるように、と主治医に言われました。

自傷した次の日は、体がだるかったり、微熱が出たりすることも多いです。

以上、私の経験でした。ご参考までに。

ちなみに、最近は自傷をしようとすると頭の中で「やめたほうがいいよー」という大声が鳴り響くようになったので、自傷回数が大幅に減りました。

自傷をしているのは比較的若い人格で、それを年上の人格が諭しているのだと思います。