カテゴリ:
私は、年季の入ったメンヘラというかガチの精神病患者なわけですが、運の良いことに結婚していて、割と出来のいい子供 (今現在9歳) までいます。
ちょうど、「夫との出会い〜出産後1年」くらいまで、比較的病状がが安定していたからこそ、これらが可能だったのでしょう。

まあ、夫が以前語ったことによれば、「この子を放っておけば悪いことが起こる」と思って結婚したらしいですが(笑)
たしかに、あのタイミング (出会って3ヶ月くらい) でプロポーズしてくれていなかったら、私はまたフラフラと闇の中へ消えて行っていたかもしれません。夫の直観力に感心するとともに、この私の人生を背負い続ける決意をした勇気に感謝します。

結婚してから半年ほどの間に、自傷を伴うOD(薬のドカ飲み)で2回緊急搬送されました。

2回目は外科に入院したのですが、その日はちょうど地元の祭りの日でした。意識が戻ったとき、病室まで聞こえてくる陽気なリズムの中、夫が青い顔で私のベッドの横に身じろぎもせず座っていたのを覚えています。

そのあと、私は当時服用していた抗鬱剤と睡眠薬を減薬し始めました。妊娠したかったからです。抗鬱剤の減薬は一進一退で、一年くらい掛かったと記憶しています。
睡眠薬を止めるのはもっと難しかったので、「2晩くらい寝られなくてもいいや」と、心の持ちようを変えるようにしました。

そして薬が体から抜けた後にあれやこれやで、10ヶ月経って息子爆誕。

息子が産まれた瞬間に、心を占めていた「自分自身の存在価値を問う系」の悩みはすべて消えました。 生物としての役割を果たしたからでしょうかね?

その後、頑張りのリミットが無いせいで、子育てを完璧にやりすぎて、1年でノイローゼに。子供を保育園に預けて働きに出ることにしました。

そして、その仕事が原因で、3年後に記憶喪失を伴う精神崩壊を起こし、太ももに刃物で「HELP ME」と刻んで、精神病院に入院。
 
息子が手作りの謎のオブジェを持ってお見舞いに来てくれたのを覚えています。
入院中は、夫が育児と家事を一人で担ってくれました。

このときの入院前にも、母が夫の実家に電話を掛けて、たまたま電話に出た父上様を恫喝したらしく (詳しくは知らされていないのですが) 父上様はかなり憔悴していたということで、本当に申し訳ないです。

私は夫のせいで狂ったのではなく、
生育環境のせいで狂うべくして狂ったのですのに。

ちなみに私は精神科に4回、中期入院していますが、親が見舞いに来たことは一度もありません。


写真は私と子供1歳