カテゴリ:
主治医に、”子供との関係をより良くするためのセラピー” を受けることを勧められたのですが、まだ臨床心理センターに電話できずにおります。
それについて先日主治医から質問を受けたので

「第一に電話を掛けるのが難関です」(←電話恐い)
「そして、電車で1時間以上かかるところに子連れで行くのが更に難易度高いです」(←電車バス人混み恐い)

 と答えたところ

「そうよねえ」

と瞬時に納得されました。最初から分かってるんじゃん…先生… 


以前 主治医にも話して同意を得たことなのですが
私の子育ては二つの問題を抱えていると思うのです。

ひとつは、中程度以上〜と診断されているPTSD患者が子供を育てるということ
もうひとつは、精神病患者(双極性障害・解離性障害)が子供を育てるということ。 

どちらも精神の問題ですが、
この二つは分けて考える必要があると思うのです。分けて考え、そして対処する必要があると。

書いてるだけで腹が痛くなってきたので詳しくは後日また触れます。


私は家族を愛しているし、子供を傷つけないために、とても気を付けているつもりです。
それでもやはり、病状が悪化して人格にブレが生じたときには(これを夫は『ブラック雅代さん』と呼んでいる) 、家族にとって よくない行動を取ってしまうようです。
そして病状が改善する頃には それを部分的あるいは完全に忘れてしまいます。 

でも子供を叩いたりはしないし(むしろ出来ない)
何か「よくないこと」をしてしまったようだな、と気付いたときには、記憶にある範囲でそれを言語化し、謝るよう心がけています……
そんなこんなで子供はすくすく育ち、笑顔の素敵な7歳児になってくれたので、
まあ今のところ、とりかえしのつかない失敗はしていないと思うのですが
やはり夫のサポートなしでは成り立たなかったと思います。 

子育て苦しいよ。
でも最後に、このやりとりを。

私:「私は悪いお母さんですか?」
主治医:「そういうことを考えられるっていう時点で大丈夫よ」