ボリショイ劇場が改築されたんですってね。
その 「こけらおとし公演」 であるところの 「眠りの森の美女」 を本日鑑賞致しました。
実は私、放送されたことも全然知らなかったんだけど、夫が録画してくれてたのよね。
夫婦で趣味が同じだと、こういう良いことがあります。

んでんで

主演:スヴェトラーナ・ザハロワ
ザハロア

彼女が演じる「オーロラ姫」(「眠りの森の美女」のヒロイン)は、
新国立バレエにゲストとして来日なさったときに観たことがありました。

でも今まで正直あんまり好きじゃなかったのよね。
「細すぎてトリガラみたいだし、演技にロマンティシズムが足りない」
とか思っちゃって。

特にオーロラ姫に関しては
「パリ・オペラ座のオーレリー・デュポン最強だろ〜」 とか
生意気なこと思ってたんです。いや実際限りなく最強だと思いますけど。
デュポン

でも私、ちょっぴり前言撤回するわ。
ザハロワ様 、めちゃめちゃ可愛かった。

バレエやってない私が偉そうに言うのも躊躇われるけど、前よりずっと良くなった。
動きも良いし、演技ももちろん上手いし
「オーロラ姫として可愛い」 のと、
「本人が可愛い」 の両方で光り輝いてた。

 1幕(グリゴローヴィチ版だったので2幕構成)で、オーロラ姫が元気に飛び出してくるところからして、もう目が釘付け。衣装はなんだか安っちい変なピンクなんだけど、中身が安くないのよ。
そして完璧なローズアダージョでなんだか目頭が熱く…あれ、なんで私泣いてるの?

ザハロワ様の指先は限りなく優雅に動き、足さばきは中国雑伎団も裸足で逃げ出す軽やかさ。
完全に骨抜きにされました。
今までゴージャス系ダンサー(デュポンやマハロワなど)ばっかり好んで観てたけど
細長系(?)ダンサーもいいじゃんか!と認識を改めさせられました。

もちろん 「その他大勢」 の方たちもすべてハイクオリティー。
脇役を演じてるのが実は主役級ダンサーだったり。
まさに
「ボリショイが本気だすとこんな感じになるんだね〜」
って感じでした。

久しぶりに良いものを観た。