カテゴリ:
一昨日は日曜日じゃったが私は休み(普段は出勤)。
夫は昼すぎから仕事で外出。

夫が外出する直前から私は激しい眠気に襲われて
布団に倒れ込んでおった。

米氏はリビングに一人残り、なんか工作してたんだけど
しばらくの後、嗚咽が聞こえてきた。

「ううっ。ひぃーーーー。うぐっうぐっ。ずずっ(鼻水)うぐっ…ひぃっ、うぐっ」

なんか泣いとる。ひとりで寂しいんか?
と思いつつも眠くて起き上がる気力が無い。
するとだんだん嗚咽が近づいてきた。

「ううっううっひぃーううっひぃー

私の枕元でボダボダと涙を落とす米氏。
そのうち彼の恨み節が始まった。

「ママ、どうして……一緒に遊んでくれないの…ひぃっ……」

私は一瞬顔を上げて答えた。

「え、眠いから」(超ドライ)

米氏は続けた。
「ママ、どうして、米くんテレビも見たいのに、見せてくれないの…ひぃーーっ」

もうわしは顔も上げずに
「アンタ既に朝さんざんテレビ見たやろ」

すると米氏
「ママ…今日せっかく一緒に遊べるのに……
明日は休みじゃないから、
今日しかないのに、どうして……」

わしは思った
(お、いまのは結構 心に響いたな。
ちょっと胸がチクっとしたぞい、
米氏もなかなか口が達者になってきたものよのう)

そうして心を動かされた私は…
そのまま寝てしまった(笑)

夢うつつの中、米氏がキレて叫んでいるのが聞こえてた
「ママ、絵本一冊読んでくれたら一緒に寝てあげてもいいよ!?」

なんじゃそりゃ。知るか。

で、気づいたら米氏も私の横で寝落ちしてた。
布団がはだけていたので、かけ直してやると一瞬目を覚まして
「今日、まだお休み?」
というので
「そうだよ、まだ日曜日だよ」
と答えると安心したようにまた眠ってしまった。

夕方になって米氏が目覚めた後、
一緒にテンソウダー(天装戦隊ゴセイジャーに出てくるアイテム)を作って遊んだ。
私が描いた絵に米氏のリクエストで段ボールの裏紙をつけ、切り抜き、
更に米氏の工夫でカードの出し入れが出来るようになり、
立派なおもちゃになり申した。
テンソウダー

写真は米氏がテンソウダーに色を塗っているところ。
こういうのってやっぱ買うより作るのがいいよね。

できあがって、米氏上機嫌。
昼に相手出来なかったのを挽回できたかな。