カテゴリ:
米氏、なんだか最近、私の腹の中にいたときのことをよく語る。

でも、2歳くらいのときに
「おなかのなかのこと覚えてる?」
って聞いたら
「ううん」
って否定してたから、たぶんそっちが真実なんだろうと思う。

今は後付けの情報とか自分の想像とかがミックスされて
それがあたかも現実に体験したことのように思われているのだろう。

しかし今朝は、ちょっと面白いことを言っていた。
「ママのお腹の中は、あったかくて、ときどき冷たかった。」

……まさかそれは……逆子治しの最終奥義として私が実行した
嫌がらせ作戦のことですか?

9ヶ月になっても逆子が直らなかったんで、
逆子を直すのに良さげなことを色々試してたんですけど
そのなかに
「スタバでフラペチーノを食べる」
っていう馬鹿馬鹿しいものがありまして(笑)
当時の日記から引用しますとこのようなものです。

逆子だと赤さんの頭はちょうど私の胃にメリ込んでいる。
そこに、私が、たとえばスタバのフラペチーノを飲んだら、どうなるか?
それはまるで屋根の積雪が、頭の上に落ちてきたときのようなものであろう。
akago-doki-m
こんなことが続いたら、さすがの頑固赤さんも
辛抱たまらず頭を下にするのではないか!?


で、結局逆子はめでたく治ったわけです。(正確な情報も書いておくと、フラペより逆立ちが効いたと思うね。普通の逆子だと逆立ちで9割方は治るそうですよ)

こんな作戦のこと、もう4年以上忘れていたのですが、米氏の一言で久しぶりに思い出して、夫と顔を見合わせて笑いました。
米氏の語る
「腹の中の記憶」
意外とあなどれないかもしれません。