カテゴリ:
一昨日はイワシ、昨日はアユを夕食に出しました。
どちらも、丸ごとの形が残っている焼き魚。

すると米氏が目を輝かせて、いわく
「魚にも脳みそはあるの?」

私が
「あるよ」
と答えると

「見たい」
とのこと。

食後に、残った頭の部分を分解しました。
魚にもちゃーんと頭蓋骨あるのね〜。
そして、その一番上の部分に、硬くてひし形の、いかにも
「一番大事でござる」
とでもいうような骨が御座いまして、それはおのずと最後まで残りました。

「きっとこの中に入ってるんだ」
と、潰さないように気をつけてパカリと開けてみると……あった、あった。

イワシのお味噌は小さくて、焼いたせいか、灰色でした。
しかしプルンとした感触は残っていました。

アユは、イワシよりも大きかったので、さらに解りやすかったです。
ひし形の骨を割ると、人間のお味噌と同じような乳白色のものが出てきました。

私、グロテスクなものは非常に苦手なのですが(魚さばくときに貧血起こしたことある)
今回の2ケースは、焼いてあったせいか、結構平気でした。
解剖前に焼くに限るね。

おさかなさん有難う。