カテゴリ:
テレビでニュース見てたら、脱法ドラッグの特集やってた。
法に引っかからないように、成分を微妙に変えてあるんだけど
麻薬と同じように作用し、脳に対する毒性は強い。

怪しい店でそれらを買ってる客にインタビューしたら
「こういうところで普通に売ってるものだから大丈夫かなーって思って〜」
と軽いノリ。

その後、後遺症に苦しむ女性のドキュメントが始まった。

恐いなあ。
かくいう私は3年にわたり向精神薬のお世話になっていたわけだけど…もちろん病院で処方された薬を飲んでたんだけど、それでも体と脳みそに相当のダメージうけた感じするもんなあ。

少量服用時は、ぼんやりする程度ですんだけど
複数の薬をそれぞれ最大許容量近く服用してた期間は(一年ほど)殆ど記憶が無いし、結婚してからの減薬期間中にも酩酊状態で色んなことをして夫にものすごい迷惑かけた。判断力が落ちて、性格さえも変わってしまっていた。

最大の被害者は夫だよな…
愛してる人にダメージを与えてしまうなんて、ほんと最悪だよ。
思い出しただけで頭をかかえたくなる。

私の場合、一時は生死がかかってたし、薬のお陰で病気が治って今は幸せに生活できているのだけど、できることならもう薬を飲まずにすむ人生を送りたい。

だからね、健康な人が わざわざ脳みそに関わるクスリをやるっていうのが、とても歯がゆく思えるのですわ。

穏やかな生活、穏やかな人間関係
私はこれで今、最高の天然脳内麻薬を分泌できてるから
余計にそう思うのかも。