乳が出る出る乳が出る。
乳揉み屋の姉さんにも言われたが、私は母乳が凄く出るタイプらしい。

先週の胃腸炎騒動を知った人から
「ダウンした時でもおっぱいってのが、マサポソさんの真面目な性格が出てるような…。負担を軽減する為に粉ミルク、じゃ、ないんですもんね」
というメッセージを頂いて
「誉められちゃった♪わーい」
と素直に思ったのだが、それと共にこうも思った

「ミルクで負担は軽減されるのだろうか?」

たとえば夜中の授乳を休んで、誰か他の人にミルクやり任務を頼むとする。そして私は8時間寝る!
「やったー!」
ああ本当に夢のようだよ。誰かやってくれぃ。
いいや、でも出来ないんだ。無理なのだよ。
なぜかというと乳が張るから。

張って暫くすると痛みを伴う。4時間程度授乳間隔が空いただけでも陰気に疼き、じんわり熱を持ってくる。放置すると乳腺炎になる予感がビシバシします。
(溜まった母乳で乳腺が炎症を起こす。すげー苦しいらしい)

従って今日も私は赤子に呟く

「頼むから飲んでくれ」

幸い、我が子は親に似て食い意地が張っており、興奮のあまり唸ったりパンチを繰り出したりしながら山のように飲んでくれる。
舌が短いらしく、相変わらず飲み方はヘタなのだが、そこは赤子のガッツでカバーされている。(でも我が乳はしょっちゅう負傷させられてるよ。トホホ)

まあ、母乳あげられる期間なんて短いもんだしな。せいぜい楽しまんと。
私から得た栄養で丸々と太った赤子が、喉を鳴らして一生懸命に乳を飲み、満足そうに伸びをして眠りに落ちる。私の腕の中で繰り広げられるこの光景は、母としての喜びを感じられる素晴らしいものだよ。