米俵氏、私と一緒に居たいらしいのです。

朝から晩まで密着していても、なお
寝る間も惜しいほどに私と過ごしたいらしいのです。

就寝前の一時間、ラストスパートとばかりに激しく遊び続け、眠くてグラグラになっているのに、布団に入れると号泣。
暫く抱きしめていると泣き止むけれど。
先ほども、私の首に両手を巻きつけた姿勢で眠りにつきました。(図参照)

先日熱を出してから、甘えん坊さんに拍車がかかったような気がするにゃ〜。