カテゴリ:
以前から替え歌大好きだった私。

子供が産まれてからというもの
なんでもかんでも、彼に纏わる歌詞に変えてしまう。
なんのヒネリも無い下らない替え歌なのだが
まーいいじゃないか!

(ちなみに私の母は、風刺なども交えた替え歌を量産する、かなりの上級者です→代表作「ニクコップンの歌」←是非一読を!!!)

さて、最近の私のお気に入りは
NHK大河ドラマ「風林火山」のテーマソング。

勇ましい、血沸き肉踊るようなリズムとメロディーにあわせて歌います。

♪米にゅん〜可愛い赤ちゃん
♪米にゅん〜賢い赤ちゃん
♪米にゅん〜優しい赤ちゃん
♪米にゅん〜素敵な赤ちゃ〜んヨォ〜〜〜

……馬鹿です。
まぁーいいじゃないか!!!

この調子で永遠に歌うわけです。
というわけで「○○赤ちゃん」という文句が大量に必要となるのです。

ふわふわ赤ちゃん、きれいな赤ちゃん、元気な赤ちゃん、すべすべ赤ちゃん、おりこう赤ちゃん、愛され赤ちゃん、やったぜ赤ちゃん
などある程度は作れるのですが、さすがに暫く歌っていると苦しくなってくる。
ミラクル赤ちゃん、ジュエルな赤ちゃん
などの英語もどきも混じってきます。

さすがに自分でも
「ジュエルは無いだろ……」
とも思うけれど……

まーいいじゃないか!!!!

歌いながら米俵氏を抱いて踊り狂うと
彼も、まんざらでも無さそうな顔しとります。

その表情が母の全てなのです。
はい。