小学校でミシンを使うと、数分で必ず糸が絡まって動かなくなっていました。動いたとしても直線縫い出来ません。(曲がる)

もはや諦めて
中学の家庭科の夏季作品としては
色糸で縦横無尽に縫ったゾーキンを提出しました。
みんなスカートとか作ってるのに……
隅っこに
「ゾーキンは芸術である。アート金蔵」
とマジックで書いておきました。
一ヵ月後、何故か校内の作品展に展示されてました。

高校の家庭科の夏季作品としては
叔母が10年くらい前に作ったという浴衣を提出しました。
色あせていて嘘ばればれでしたがお構いなしです。

さてこんな前置きをした上で何を言いたいかというと
今私はピンチなのです。

子供が認可園に移るにあたって、結構な数の手縫い品が必要となるのですが、当然のように全く手付かず。
布団シーツ、毛布シーツ、上履き入れ……
既製品とサイズが違うので買えません。
あと数日しかないのに、どうしましょう。

どっかオーダーメイドで入園グッズ作ってくれるサイト検索するっきゃないんじゃないのか!?

ちなみにうちの母も、手作り品提出が求められる場面(私の学校でのバザーなど)では
奮闘→失敗→諦め→既製品購入
という道を辿っていました。
もしかしてミシンの呪いが三代祟っているのだろうか。