雅代の忘備録

ボリショイ劇場が改築されたんですってね。
その 「こけらおとし公演」 であるところの 「眠りの森の美女」 を本日鑑賞致しました。
実は私、放送されたことも全然知らなかったんだけど、夫が録画してくれてたのよね。
夫婦で趣味が同じだと、こういう良いことがあります。

んでんで

主演:スヴェトラーナ・ザハロワ
ザハロア

彼女が演じる「オーロラ姫」(「眠りの森の美女」のヒロイン)は、
新国立バレエにゲストとして来日なさったときに観たことがありました。

でも今まで正直あんまり好きじゃなかったのよね。
「細すぎてトリガラみたいだし、演技にロマンティシズムが足りない」
とか思っちゃって。

特にオーロラ姫に関しては
「パリ・オペラ座のオーレリー・デュポン最強だろ〜」 とか
生意気なこと思ってたんです。いや実際限りなく最強だと思いますけど。
デュポン

でも私、ちょっぴり前言撤回するわ。
ザハロワ様 、めちゃめちゃ可愛かった。

バレエやってない私が偉そうに言うのも躊躇われるけど、前よりずっと良くなった。
動きも良いし、演技ももちろん上手いし
「オーロラ姫として可愛い」 のと、
「本人が可愛い」 の両方で光り輝いてた。

 1幕(グリゴローヴィチ版だったので2幕構成)で、オーロラ姫が元気に飛び出してくるところからして、もう目が釘付け。衣装はなんだか安っちい変なピンクなんだけど、中身が安くないのよ。
そして完璧なローズアダージョでなんだか目頭が熱く…あれ、なんで私泣いてるの?

ザハロワ様の指先は限りなく優雅に動き、足さばきは中国雑伎団も裸足で逃げ出す軽やかさ。
完全に骨抜きにされました。
今までゴージャス系ダンサー(デュポンやマハロワなど)ばっかり好んで観てたけど
細長系(?)ダンサーもいいじゃんか!と認識を改めさせられました。

もちろん 「その他大勢」 の方たちもすべてハイクオリティー。
脇役を演じてるのが実は主役級ダンサーだったり。
まさに
「ボリショイが本気だすとこんな感じになるんだね〜」
って感じでした。

久しぶりに良いものを観た。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1月29日のことなんですけど、
家族で「府中郷土の森博物館」に遊びに行ったのですよ。

子供がプラネタリウム観たいっていうもんだから。

そしたら夫が
「せっかくだから庭を散歩しませんか」
とか言うんですよ。このくそ寒いのに。アンタはドイツ人か!

でも夫の提案には基本的に従うことにしているので
(自分の好き嫌いだけで物事を判断すると世界が狭くなると思っているため)
散歩しましたよ。庭園を。

そしたらちょうど、「梅まつり」 が開催されていたのです!
園内マップにも、赤い丸印が付けられていて、観覧スポットが一目瞭然。
あらちょっといいじゃない。梅見て春気分を盛り上げようじゃないの。

というわけで
1
梅まつり

2
梅まつり

3
梅…まつ…

4
……
いい天気だな〜……

まだ梅全然ないから皆さん気をつけましょうね!!!!


5
でもよく見るとツボミがたくさん付いてました。
満開の梅を見られる日も近い。

てか咲いてから祭りやってくれよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

夜驚症っつーの?

うちの子供(6)なんですが、
毎晩、寝ているときに3回から4回くらい、すごい声で叫ぶんですよ。

「ぎゃ〜〜〜!」
「いや〜〜〜〜!」
「やめて〜〜〜〜!」

など、バリエーションは多くなくて、大抵「怒り」系。

そのたびに、すぐ脇で寝ている私か夫、もしくは両方が起きて様子を確かめるのですが、
しばらく叫んだらすぐ静かになるし、そもそも寝ながら叫んでるのな。

6歳になり、日中に感情を爆発させて暴れたりグズったりすることが少なくなってきた分
心の中に色々ためこんでいるのでしょうか。

かわいそうにな〜とと思うと同時に
うるさくて寝られん。

ちょっとネットで調べたらすぐ情報が出てきたので読んでみたのですが
「神経質な子供に多い。10歳くらいまで続くこともある」
って書いてありました。あと4年……orz

いや、まあ、あと4年ならいいか。いいよ、うん。

そういえば鍼灸院の先生が 
「子供のわき腹をくすぐると効くよ」
って言ってたので、今度ためしてみようかな。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年にオギャーと生まれた我が家の豚児(6)も、今年の4月からピカピカの一年生です。
ハァ〜よっこらせ〜目出度いねェ〜っと。(まだ現実味無い)

2人目は?という質問もタマ〜に受けるのですが
正直、もう産める気しないですわ。

周りを見渡すと、2人目、3人目とボンボン産んでらっしゃるお母さんばっかりなんですけど、
ありゃ勢いが必要よな。
私も子供が生まれた直後とか、1歳になった頃とか、なんかテンションが上がっちゃって
「いっちょもう一人いっときますか〜!?」
みたいな気分になったこともあったのですが、なんだかんだでズルズル引き伸ばしているうちに、はや6年。

何がいけないかって、アータそりゃね、
子供がね、楽になってきたのよ。

「手が掛からなくなってきたから次産もう」
 っていう気分には全くならず、むしろその逆。

「せっかく手が掛からなくかったのだから、もう苦労したくない」

って思っちゃうのよね〜易きに流れるのよねェ〜。

それに、手が掛からなくなってきたっつっても、それなりに面倒みなきゃなんないわけで
特に公文の宿題とか見てやってるときとかに思うんだけど、
これ2人分やるとか無理だって。

というわけで 私は尊敬します!複数の子供を育てているお母さんたちを!

あれ?なんかダメ人間臭漂ってきちゃった?
急いで逃げるぞ!おわり!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

うちの子供が、園で一番なついている先生がいるのです。
若い女の人で、ギャグセンスもあり(ここ重要)、私もとっても大好きな先生。

その先生がご結婚なさったという素敵なニュースが新年早々飛び込んできて
私も大喜び。や〜〜めでたい!と盛り上がって、連絡帳にこんなイラスト描いちゃいました。
阿部先生お祝い

よろこんでくれるといいな。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ