雅代の忘備録

最近日本語が不自由なんだよ。
やっぱ、母国語とはいえ、使ってなかったら忘れるものなんだね。

とはいえ別に英語やタガログ語で暮らしているわけでは無く
単に夫と出会う前の約1年間、極端に無口だっただけなのです。
しかもそのうちの数ヶ月は引きこもってたもんで。

例えば昨日の晩
夫の寝巻きが破れているのを見つけて
こう言いかけました。

「ありゃ、こりゃもう今シーズンでオダブツだね」

まあ言わんとすることは解るが
ほんのり変。

で、そのセリフを間一髪で回避して言ったのがこれ
「ありゃ、こりゃもう今シーズンでオ……オサラバだね」

オダブツよりはマシだけど
なんだか柳沢しんごみたいだよ〜
えーん(←無力に泣く声)

最近ヨガ始めたんですけど。

……って、この前
「最近エアロビ始めたんですけど」
って書いたばっかりじゃん……

私ってば暇人?

いやそういうわけじゃないんだけど
いやなんだかんだ言って暇だけど
しかしそれを認めるのは無性に癪なんだけど



ええ暇です。

とはいえ家事してるといつのまにか1日終わってるので、
やることが無いっていう暇さじゃないんだな。
精神的に暇 なんですね。

「人生は最大のザラ場じゃーーー!(←株用語です)いくでぇぇ!」
「パワー全開で突っ走らんと人生勝てへんのじゃー!!」
「畜生ーー!!(誰に対してか分からない激昂)」
「おおおおお!もももしかして私崩壊するかも」
「この夏終わったら命も終わるかも」


そういう興奮とかギリギリ感とか
もう無いもんでね〜

……

暇万歳だぃ。 くく (泣

96年に開設して以来、我がHPは
ずーっと「HTML手書き」で更新してきたわけですが

ついに
面倒になってしもたんでおます。手書きが。

2月に入ってから始めての更新だよ。そんなのアリか。
もうカウンタも恐くて見られないよォ〜。
最高1日6000アクセスだったあのころの栄光を思い出すと
涙が出ます。(ナンチャッテ)
まあ、あの頃は雑誌にも出てたしな。

アクセス数が多かったから毎日更新してたのか
毎日更新してたからアクセス数が多かったのか
鶏が先か卵が先か

まあそれはおいといて
老いてから眺める若き日の思い出を記録する為にも
日記はマメにつけたいものです。

つーわけで
このズルズルと泥沼の中にはまっていくような
怠惰のループを断ち切るために
少しでも更新の手間を省くべく、レンタル日記を使って
みることにしたので御座います。

でもこれ画像アップできないんだよなあ。それが一番の難点。

これ以前の記録を読みたいという奇特な方は
過去記事インデックスへどうぞ。

このページのトップヘ